自分の美しさ、まだ知らないの

カラットちゃん、こんばんは。ジョンハンのマグカップに温かいお茶を注いで飲む時、この上ない幸せを感じます。あったかいんだから~。(古い)ただいま愛読誌の『BAILA』を読んでいますが、架空のOL1ヶ月着回し特集で、毎回彼氏が登場する展開、ウザくない?別に彼氏がいなきゃいけないわけでもないし、誰とどこで何をしようと勝手な筈なのに、必ず相手役の男性がウロチョロするのがなんだかなー。今の時代、彼氏彼女の関係性を保持してる方が稀じゃないか?私はいつも多数派にはいられないけれど、別にいたくもないと思ってしまう。女性誌が当たり前に男性との交際を是として紙面を作っている姿勢に、なんだかなー。ぐちぐち五月蝿い?アラサーをターゲットにした雑誌だからか「彼のお義母さんと初顔合わせ」という展開が出てきたりして、ごちゃごちゃうるせえなあ!と思いました。私は昔からなぜ世界には男と女しかいないんだろうか。もっとバルタン星人みたいなのがいたら面白いに。と本気で考えていました。実際に性は私たちが思うより多様だし、グラデーションがあるものだと最近思うようになりました。でも依然として女性誌はあたかも「女性の幸せ」として、男性との交際を描くのですよ。別に同性愛者に配慮しろー!と言っているのではなく、幸せのかたちは個々人が決めるものだから、メディアに提示されなくても良いんじゃない?と思うのですよ。
毎回毎回彼とデートだの、温泉旅行だの、勝手にしてくれ。あまり言うとモテない女の僻みだと受け取られそうだけど、それでも構いません。色んなOLがいて良いし、勿論OLじゃなくても良い。異性との交際、という初めの一歩、その先の結婚、出産という道筋にいまいち乗り切れない女性もいる。正しく私が当てはまりますが、女性誌まで追い詰めて来る!?女性の良き友ではなく!?とプチパニック。「これが私の生きる道」と胸を張って言えるように早くなりたい。ジョンハンさんに胸を焦がす時、早く解放して欲しいと切に願います。いつまで経っても満たされないし、指一本触れられぬお方に身をやつすなら、次に進めば?でも残念だけど、もう戻れない。戻れないなら、覚悟を決めなければならないよね。触れたい、と望むことを諦め、偶像として慕うしか道はない。アイドルは正しく偶像です。芸能界によって作り込まれた存在だから。作り込まれた相手にガチ恋して、ぴえんとなるくらいなら、いっそ身を引いた方が楽になれる。もっと明るく、もっと朗らかにジョンハンさんだけを見つめられたらな。いつまでも澄んだ眼差しで彼を見つめることが出来たら、もう何も望みません。些細なことでぴえんの嵐が吹き荒れる日常、もっと穏やかな時間が欲しい。ジョンハンさん、あなたは自分の美しさをまだ知らない。

時はいつの日にも親切な友達

カラットちゃん、こんばんはー。今日も今日とて不要不急の外出なり。近所のCARATちゃん店員さんがいるカフェへ出掛けるも、なんと営業時間が終了してしまいました。しかもこんな変則的な日は今日までとのこと。せっかくウキウキ突撃したのにー。お姉さまとドームツアーについて、ちょこっとお話したかったのにー。とぴえんの嵐が吹き荒れましたが、その後コメダに突撃して、すぐに立ち直りました。楽しみはお預けとなりましたが、また近日中に伺いまーす。でもさー、人生なんて不要不急の外出の連続だし、不要不急の外出こそが人生の醍醐味とも言えるよね。ま、人混みを避けるに越したことは無さそうですが、うがい、手洗い、乳酸菌、で乗り切っています。今日もコメダで近くに座っていたキッズが咳をしまくったので「………」となりましたが、そんなにイヤなら籠ってるしかない。とてもつらい。70代のばあさんがコロナに感染しているにも関わらず、バスツアーへ強硬的に参加した、との報道を受けて「アクティブなばあさんはどこまで行っても害だなあ!」と毒づきましたが、ばあさん、高熱があるなら大人しくしとけ。黙って寝ろ。もはや救えません。私も図書館でくしゃみを8回連発したら、近くのお兄さんに席を変わられたけど、皆ナーバスになっているこの状態、ヤバいね。私もキッズの咳がイヤだったから仕方ないけどねー。くしゃみも満足に出来ないのか!!!カラットちゃん、ドームツアーしか楽しみがないから、ドームまでにコロナが収束するように、東京大神宮へお参りに行った方が良い?不要不急の外出は控えろバカ野郎って?アルゲッスムニダ。
さて、色んなカラットちゃんのツイッターを流し読みしていたら、ジョンハンさんはサポートとして送った洋服をかなりの確率で身に付けてくれるそうじゃない??サイコーか。お主はこの世の救いか?私もAIGLEとかヘリーハンセンとかエディー・バウアーとか、普段ハニちゃんが身に付けないようなカジュアルなアイテムを送り付けてえ。もう叶わないけど。ぴえん!ぴえん!ハニちゃん、その広い心、広いおでこ、とてもステキだよ。出来るのならば、その心に触れたいけれど、それは叶わない約束だね。リアコ一直線だから時に立ち尽くしたり、枕を濡らす夜もあるけれど、ハニちゃんがコロコロ笑っていられればそれで良い。それだけで良い。こんなにも魅せられて、また一緒に年を重ねられることがとても嬉しい。沢山のカラットちゃんが君のお誕生日をお祝いしているよ。ハニちゃん、時に風雨にさらされても、また雨風を凌いで立て直すことが出来ますように。いつか13人全員が集合して、カラットちゃんの前に立てる日が来ますように。まずは心身ともに健やかに、忘れられないドームツアーになれば良い。こんなにもお慕い申しているのに、指一本触れられない事実に打ちのめされる。でも触れたら最後だと思う。だから私は濃厚接触を自分で禁じています。握手会にハイタッチ会、そして一番の濃厚接触、サイン会とイベントは盛り沢山だけど、どれも私の上を通り過ぎて行く。その代わり、コンサートで時間が交わる瞬間に全てを懸けています。だからドームツアーは開催出来るように、早く落ち着いて欲しい。だって皆が望んでいたドームツアーだから、夢を叶えてあげたい。もはや親か?いつの間にか私がハニちゃんを産んだのか?えへへ。愛しき日々よ、消えないで。

輝きは戻らない、私が今死んでも

カラットちゃん、こんばんはー。ユーミン、聴いてる?私は聴いてる!今日は有楽町で開催中のSHIPSファミリーセールへ出掛けて来ました。あの天下のSHIPSがお買い得ということで、わくわくが止まらない。昨年の夏の終わりに銀座をぶらぶらしていたら、ファミリーセールの看板の横に立つお兄さんに遭遇。「招待状無しでも入れるんです?」と尋ねると、快く案内してくれたのでほぼ恋。優しくされると好きになる、チョロい女がここに参上、しかしガードだけはいっちょ前に堅い。ゆるして。春物トップスを三枚お買い上げし、気分はもう春。春はそこまで来ている。Twitterには写真を載せましたが、どれも春色でとても可愛いよ。リブのトップスばかり買い漁るから、もはや洋服箪笥がリブで埋め尽くされて来た。しかしSHIPSさんの洋服は、本当に着心地が良い。昨夏、銀座をぶらぶらしていなければ、このセールに出会えていなかった、と考えたら世の中は本当に縁と運とタイミングなり。洋服をポンポン買ってしまうから、時に立ち尽くしたりもするけれど、毎日着飾って図書館へ行くから許して欲しい。しかしさー、学生時代、大学の教務課の感じ悪さに辟易していましたが、図書館の職員さんの神対応に泣いてますよ。図書館は民間委託なのかな?知らんけど。大学職員の学生を見下した態度、やる気のない対応、カウンターでひたすら待っているのに、誰一人顔を上げない無責任さ。酷すぎるよねー。だから余計に図書館の職員さんの暖かさが沁みる。優しくされると好きになりますので、あまり優しくしないで。
さて、毎日毎日、勉強ガー!と五月蝿くしていますが、平気で銀座まで繰り出すし、適度に息抜き出来ているんじゃないかな?SHIPSファミリーセールは、不要不急の外出に他ならない気がするけれど、服が欲しい、というのは至急満たされるべき欲求だったんです!だからそんな目で見ないで欲しい。離れて見つめないで欲しい。さ、明日は今日のセールで買った水色のハイネックトップスに、黒のスラックスを合わせよー。楽しみんぎゅ!毎日図書館くらいしか行くところが無く、華やかさは無いものの、こんな日常も割と気に入っています。ま、実際は煮詰まって来て、苦しさに咽び泣きそうな日もありますが。ところで私はよく愚痴るのですが、大体店員に対してなんですよね。それは私が社会と濃く関わっていない証しでもある。いつも一人でベローチェで勉強したり、ナチュラルローソンで買い物したりするくらいしか人と関わっておらず、人間関係に愚痴ろうにも、誰とも関係を結んでいないから愚痴れない。だから店員への不満くらいしか言うことがない、という事実に直面し、少し面食らいました。家と図書館の往復、話し相手は両親のみ、というこの限られた空間に、満足してしまっているのですよ!そりゃ両親はいつも味方でいてくれるから居心地が良いし、いくらでも甘えられる。でも本当にそれで良いのか?欲しいものは何でも与えられて来た。昔からものをねだったことがあまりないのは、ねだる前に与えられていたからなんです、きっと。聞き分けの良い子として育って来たけれど、聞き分けもなにも、いつも尊重されていたという自覚があるから、駄々をこねる必要がなかっただけなんです。
このように書くと、お前はなんぼのもんじゃい!と思われるかもしれません。しかし私は、こんなに与えられて、愛されて来たという自負はあるのに、自信だけがない。だから範囲が決まっている勉強が一番楽だと考えて、学生時代は勉強に精を出しました。社会に少しだけ出た身として振り返ると、決められた範囲を学習すれば済む勉強は、とても楽だった。だからやはり私には勉強しかない、と大学在学中に取れなかったハングル検定に卒業後、向き合いました。確かに独学で再び韓国語に向き合うのは想像以上にキツく、苦しい戦いでしたが、合格通知を手にした瞬間、全てが報われました。だから今回も資格試験合格に向けて、コツコツ勉強する道を選びました。勉強しか出来ない、と言えるほどのものではないですが、手っ取り早く自分に自信を付けるなら、やはり勉強で結果を出すしかない、といったところでしょうか。勉強にすがっている面も否定出来ないのが苦しいところ。でも必ず結果は付いてくるし、やれるだけのことはした、と思えないと、やはり合格は勝ち取れません。得意不得意、皆さんあると思います。得意なことを伸ばして、能力の凹凸を補うしかないかなー、とも思う。私はストレス耐性がないので、ストレスをストレスと受け取らない強靭なメンタルがほちい。母上はおおらか、父上は繊細な我が家。私は柔な小娘。詰んでるー!!! 一回人生が詰んだ小娘が言えることは、どん底に落ちても人生は終わらないということです。だから黙って働けそこのバカ!

横顔で笑って

カラットちゃん、こんにちはー。またまた大学図書館に来ているのですが、環境が良すぎて唸る。学生だった頃から大のお気に入りスポットではありましたが、卒業生として凱旋すると、また趣が変わるね。ま、凱旋なんて華々しいものではありませんが。少し勉強が落ち着いたので、ブログを書いています。本当はもうやりたくないの。でもやるしかないんです。ぐちぐち言ったって何も変わらないなら、黙って励めという話よね。でも性格上ぐちぐち言うし、恨む相手は末代まで祟る。それが私のポリシー。そうそう、さっき図書館のリフレッシュルームでランチを食べていたら、入ってきた女の子がいきなり空調を弄り出して「???」となっていたら、急に寒くなったんです。「こいつ、何してくれとんねん!?」といきり立ちましたが、もう食べ終わる寸前だったので、大人しく立ち去りました。どこにでもいるよね、空調を勝手に変える人間。特に女性に多くない?(私調べ)公共の場はあんたの家じゃないし、周りの人間の存在は一切目に入っていないような振る舞いが気に食わぬ。以前お気に入りの千葉の民宿で朝食を食べていたら、快適だったのにいきなり客のおばはんがガシガシ空調を弄り始め、立腹。ムッとした父が弄り返すという力業に出たので、笑いました。おばはんは振る舞いに品が無くて、とても残念。案の定大所帯のおばはん一族は、食べ残しが引くほど多くて、出されたものはきちんと食べる、という教えが身に付いていないんだなーとどこか納得しました。え?上から目線でものを語るなって?ごめんごめん!とにかく極端に暑かったり、寒い場合を除き、勝手に空調を弄る人間はぶった斬るよ!
さて、話は変わって、めちゃくちゃ汎用性の高い画像を秘密のルートで入手したので、これからガシガシ使っていく予定。(既に使用済み)私はかなりお気に入りなのですが、自己満足のような気もする。オタクの心情を端的に表していて、大変好ましい一枚です。アルファツイッタラーを密かに夢見ているのですが、全くその気配がない。夢見るのは勝手だからね。有名ツイッタラーになって、炎上する私にフォロワーさんが優しい言葉を掛けてくれることに期待したい。何気にフォロワーさんが心の支えです。てへ。しかしユーミンの「埠頭を渡る風」が良すぎて唸っています。「緩いカーブであなたへ倒れてみたら、何も聞かずに横顔で笑って」とは、なんて澄み渡った感性なんだ。はあ、泣けてきちゃう。
ユーミンとかオフコースとか来生たかおに胸を鷲掴みにされるから、生まれてきた時代を間違えたかもしれない。パリピにもなれないし、なりたくもないけれど、パリピを心底憎んでいます。何をされたわけでもありませんが。パリピと言えば、小田和正の「クリスマスの約束」に一人だけ何食わぬ顔で混ざり、七光り以外のなにものでもない和田唱が憎い。こいつだけ無駄に尺長いし、大御所ぶっていますが、一体どちらさん?勘違い野郎に制裁を。血の裁きを。和田唱は親の七光り、妻の七光りともう他者のお陰でピカピカに光っているんですよ!!許せなくない?それを自分の力だと勘違いしているので、余計に腹立たしい。え?和田唱の話はもう良いって?てか和田唱って誰って?つまりはその程度だよ!!ケッ。いくらでも悪く言えるけど、この辺にしておきますね。許したわけではないからな。日々何かにいきり立ち、不平等と立ち向かうつもりはなくても、必然的に立ち向かっているから、なかなかハード。ジョンハン、何も聞かずに横顔で笑って。

夜明けの雨はミルク色

カラットちゃん、こんばんはー。ユーミンのアルバムを聴きながら、このブログを書いています。ユーミンの瑞々しい感性、世界に対しての澄んだ眼差しに改めて聞き入っています。ジョンハンにはこれからもずっと、澄んだ目で社会を見て欲しいな。彼の輝く瞳が曇らないことを願っています。リアコ以外の何物でもないので、毎日胸を痛めちゃう。そしてすぐにぴえんの嵐が吹き荒れる。それにしてもリアコとは、めちゃくちゃ苦しくないかい?決して報われない思いを暖め、コンサートで時間が交わる瞬間に命を懸ける。そうやって生き長らえて、細々と命を繋ぐのね。分かりました。もう泣き言は言わないから、新しいキスを下さい。あなたを愛したい、ずっと、ずっと。いつかは終わりが来ることも知っていながら、突き進むのは余りにも苦しい。惚れた腫れたと騒いで楽しい時間は、とうに過ぎました。ジョンハンの高い感受性ゆえ、沢山傷付いて来たのではないか、と思うと胸が張り裂けそう。澄み渡った感性で仲間を思い、カラットを見つめてくれるその生き様は、痛いほど暖かいね。痛みを知っている君は、他者への視線が優しい。いつもすぐにちょちょいと不正を働き、勝ちに拘るその姿勢も好き。溢れんばかりの茶目っ気の中に、一抹の悲しさを湛えているね。え?深読みのしすぎなんて意味のないことはやめて、美味しいものでも食べようって?アルゲッスムニダ。何でも深読みする癖が顔を出しちゃった。
光る風、草の波間を掻き分けて、いつまでも日の当たる場所を歩いて欲しい。暗闇に飲み込まれそうになったら、涙が流れるその前に、星を見上げてね。穏やかな微笑みの奥に潜む悲しみに、つい目を向けてしまう。そしてぴえんの嵐が吹き荒れちゃう。頑張り屋さんは、なかなか辛い。期待をされると頑張っちゃうよね。私もだよ。でも、期待をされなくなったら、それこそ終わりだとも思う。どうしたらいい?叩いて、もがいて、ひとつずつ扉を開けて行こうね。こんなに肩入れして、相手は芸能人だぜ!?とも思うけど、もう戻れない。頑なだった私を解してくれる唯一の存在だもの。昔から頑なだったんだけど、年齢を重ねて更に凄味が増したかも。でもジョンハンに出会って、ころころと笑うことが出来るようになった。カラモバの最新ボイス「今日もよく頑張った。」その言葉をそのまま君にお返しするよ。一日の終わりにそうやって自分を労ってあげてね。ジョンハン、よく頑張りました。よしよし。可愛らしさの中に、ふと雄の片鱗を覗かせるね。やはり君は紛れもなく男だから。話し相手には十分すぎるとか、よく話を聞いてくれる、とかそんなことじゃない。もっと細胞が沸き立つような出会いが欲しい。何も聞かずに横顔で笑って。

恋人になろう、約束をしよう

カラットちゃん、こんばんはー。今日は何だか寒くないかい?母校の図書館でマスクを着用しているものの、身体が冷えたのか8回連続でくしゃみをした私。すると近くに座っていたお兄さんにイヤな顔をされて、席を立たれちゃいました。ぴえん。私のくしゃみは1回では終わらないことで有名なんですのよ。心しなさい。図書館の飲食スペースでは、芋みたいな男女がしょうもない話に花を咲かせていたので、これまたぴえん。しかしさすがは大学図書館、勉強するには十分すぎる環境が整っているため、通い詰めることに決めました。さようなら、ベローチェ。絶対に許さないよ。獅子舞みたいな丸顔の店員、末代まで祟ります。さて、今日は集中して勉強出来たので、幾分気が楽。この調子でガシガシ進めて行きたいです。毎日勉強しかすることがないから煮詰まっていますが、環境を変えることにより、停滞期を乗り切りたい。やる気が出ないから勉強に向き合わないのではなく、やる気が出なくても向き合ううちに、次第とやる気が出てくるらしいよ、カラットちゃん。しかし私のくしゃみは、セールの入場を待つ行列で、前に並んでいたお姉さまに「可愛い♪」と言われたことから、調子に乗っていました。あんなにイヤがられるなんて想定外だったため、ぴえん。ま、今はコロナウイルスの脅威があるため、皆さん敏感になっているのかも知れませんが。こちとらマスクの上から手も押さえていますが!?
人生において、同性陣からの評判だけを頼りに生きて来たため、突如向けられる異性からの冷たい眼差しに弱い。でも母上曰く、同性に好かれる方が人生が拓けるとのこと。「モテ」という価値観とは合わないため、一切無視して生きて来たけれど、そんな頑なな自分も悪くないと思っています。何てったって私はポリシーのある追っかけだから!このポリシーに時々苦しめられるけれど、これが私の生きる道。近頃私たちは良い感じ。(PUFFY)でもさー、しょうもない話しかしない相手と一緒に過ごすくらいなら、一人でいた方がマシじゃない?「一人は恥ずかしい」という思いから、誰かテキトーな相手と時間を過ごしているのなら、それは相手に失礼ではないか?ま、お互いの利害が一致していれば、私が口を挟む領域ではないけどね。しかし日曜日なのに図書館はそこそこ賑わっていて、皆真剣に勉強していて偉いなーと思いました。勉強する癖が付いているとでも言うのかな。何でも癖ですよ、奥さん! 常に頑張る時に頑張って来た集団に身を置かなければ、人は堕落の一途を辿る。バカばかりの足の引っ張り合いに引きずられちゃだめだよね。SEVENTEENさんのように、常に高みを目指して励んで来た青年たちを見ると、胸が熱くなる。私も彼らみたいに頑張る時に頑張って、いつか光が差すことを期待したい。まずはすぐに悲しくなって、ぴえんの嵐が吹き荒れる情緒を安定させねば。「満たされぬ心だけ与えられたのはなぜ?」という疑問への答えは出ないけれど、春は必ず来る。カラットちゃん、桜咲け~! 

出来るなら知り合う前の私に戻って

カラットちゃん、おはようございまーす。何だか耳の不調で目が覚めてしまいました。しかしCOVID-19、思っていたより危ないかも。何故だか先日から急に不安が襲って来て、薬局をはしごしたりして危機感を持ち始めたのですが、もしや危機感を抱くのが遅すぎる?極力外出は避け、免疫力を高める努力をするため、ヨーグルトのR-1を買ったりするしか防ぎようが無くない?ジョンハンが罹患しなければそれでよか、なんて思っていたけど、もはやそんな呑気なことは言っていられませんな。とにかく免疫力を上げるしか道はない気がする。カラットちゃん、生き延びようね!!5月のドームツアーの開催も、正直どうなるか分からない局面を迎えているようにも思う。5月しか楽しみがないから、最悪の事態を想定したくはないけれど、楽観視も出来ぬ。せっかく待望のドームツアーを無事に開幕させてあげたい。沢山のCARATちゃんで埋め尽くされたドームを見せてあげたい。SEVENTEENの意地と誇りを胸に抱いて欲しい。愛の力、見せてあげる!
さて、悲しい話はもう沢山、飯食って笑って寝よう!という宇多田ヒカルのフレーズ、大好き。いくら心配したところで防ぎようがないし、その不安が自律神経を乱すくらいなら、飯食って笑って寝ましょう。しかしなぜ私は今までへらへらしていたのだろうか。お年寄りと持病がある人しか重症化しないとの報道に高を括っていたのか。 そんな不安な明け方は、彼の耳周りにふさふさと生えていた、たんぽぽの綿毛のような産毛を思い出そう。え?急に何って?キモ過ぎますって?ごめんごめん!小学生の頃、好きだった男の子が私の膝の上で眠っていたんです。その時、彼の顔を覗き込むと、小さな耳にたんぽぽの綿毛のような産毛がさわさわと生えていて「かわいい…」と思ったことを思い出しました。え?小学生で膝枕?早熟かよ!?とお思いの皆さん、私の膝はそれ以来永遠に空いているので、お許し下さい。辛くなったら彼の産毛をそっと思い出しながら生き長らえていること、彼には知る由もないけれど。これを恋バナと捉えて良いのか、ただの変態エピソードに過ぎないのではないか、と考えあぐねていたのですが、一応数少ない恋バナのひとつと考えさせて下さいませ。恋バナと呼べるような話がいくら考えてもこれくらいしか出なくて、思わず「人生が二度あれば~♪」と私の中の井上陽水の人格が顔を出しました。しかし私の濃厚接触は、小学生がピークでござった。
中高と女子高でのびのび過ごしすぎて、大学で再び対面した男性陣とはなかなか深まらず、歯痒い日々でござった。初めてのゼミの自己紹介で「フェミニズムに関心があります。」と話したから、男の子たちが身構えちゃったのかも。別に男性を憎悪しているわけでは全くなくて、ただ単に授業が面白かったから、そう話しただけなんだけどね。人生、二度欲しい。でもそれで身構えるような男性ならそれまでだし「ふーん、フェミニズムか。何だかよく分からないけど、面白そうじゃん!」と彼らを思わせられなかった私自身の魅力の無さ、それも敗因のひとつではないだろうか。突き詰めて考えると、たんぽぽの綿毛のような産毛に永遠に囚われているから、一向に先に進めない。どこかで進みたくもない、と思っている自分もいるのかもしれない。たんぽぽの綿毛の彼がくれた遊☆戯☆王カードを大切にしまっていた筈なのに、数年前に紛失しました。「弱いからいらん。」とぶっきらぼうにくれたけど、私にとっては宝物だったよ。ぴえん。ぴえん。当方、永遠の27ちゃい。夜明けはいまだ訪れず。