東京芸術劇場へレッツゴー

 何だか台湾旅行を終えてからハイテンションが止まらず、勢いに乗って東京芸術劇場のチケットを取ってしまいました。12月の公演なのでもう少し日がありますが、今からワクワクしています。何事も勢いが大事。私の観劇経験と言えば、高校一年生の時に学校全体で観に行った「義経千本桜」と、大学二年の頃にゼミで観た「ウエストサイド物語」の二本しかありません。なので今回で三回目。まだまだ観劇ひよっこです。義経千本桜」には胸を打たれた記憶があります。「ウエストサイド物語」に関しては二階席から覗きこむような形だったので観辛かったのですが、軽快な音楽とダンスに魅了されました。やっぱり席は大事ですよね。映画にしても何にしても。

 映画と言えば、邦画「オーバー・フェンス」オダギリジョー来館付きチケットもインターネットで取ったなあ。あの時も確かハイテンションだった記憶が。私が座っていた席の列のドアからオダギリジョーが出てきたので、めちゃくちゃビックリして悲鳴みたいな声をあげてしまったのですが、皆静かに拍手のみで迎え入れていて、私だけ完全に浮いていました。でももうちょっと黄色い歓声で迎えてあげないと、オダギリジョーも嬉しくないんじゃないかな?皆、ファンちゃうんかい。その列の端の人は握手してもらっていて羨ましかった~。私もオダギリジョーの手に触れたかった。絶対その手は洗いません!(いつかは洗うけど)私はハイテンションになると、チケットを勢いで取る癖があるようです。クセがすごい。明日にでもチケット取ってこようかな。支払いはカードで済ませているので楽チン。あとはチケットを引き換えてもらうだけ。楽しみだね。
 
 帰りは喫茶店に寄って、宮本輝の小説を読み終えないと。それが終わったら筒井康隆の『旅のラゴス』と『大いなる助走』に着手。それも読み終えたら(いつになるのか分かりませんが)『文学部唯野教授』も欲しいところ。大学時代、唯野教授のモデルではないかと言われている教授の授業を受けたのですが、涙が出るくらい面白かったことを覚えています。本当にモデルなのかも知れない。本人は否定していましたが。読みたい本が沢山あることは良いことだ。少しずつ消化していきます。とにかく十二月の演劇、楽しんできます☆

レッツ台湾2☆

f:id:chiicham:20171115015909j:image
富士山上空です。いざ台湾へ行ってきます。

f:id:chiicham:20171115012813j:image
夜市の入口です。顔は恥ずかしいのでスタンプで隠してあります。てへ☆

f:id:chiicham:20171115012926j:image
タコの串焼きです。香辛料がキツめ。

f:id:chiicham:20171115013419j:image
ちょっとぶれているけれど、夜市の全景です。屋台が立ち並び、その横に店ごとのテーブルが置かれています。そこで食べたり飲んだりしている人が多かったです。

f:id:chiicham:20171115013621j:image
カキの玉子焼きが名物のお店です。蛤スープを飲んでいます。ハオチー。


f:id:chiicham:20171115014156j:image
名物カキの玉子焼き。あんかけが甘めで予想していた味とは異なっていました。辛めのタレをつけるとまた美味。

f:id:chiicham:20171115014328j:image
ジュース屋さんのショーケース。バナナジュースを飲みました。THEシンプル。

f:id:chiicham:20171115014623j:image
かき氷のお店での一枚。テーブルのメニューがカラフルです。

f:id:chiicham:20171115015644j:image
ここからが二日目です。天燈(ランタン)上げを行う十分へ向かう道中です。

f:id:chiicham:20171115014756j:image
十分の天燈上げで願い事を書きました。直球勝負です。


f:id:chiicham:20171115014936j:image
家族三人でつまんでいた天燈を離すと、空に飛んで行きました。見送っています。

f:id:chiicham:20171115015414j:image
上空へ舞い上がる天燈。ロマンチックです。

f:id:chiicham:20171115015131j:image
天燈を上げる線路上でパシャリ。普通に電車も通ります。デンジャラス。

f:id:chiicham:20171115020015j:image
続いて九分での一枚。赤提灯がノスタルジックです。

f:id:chiicham:20171115020144j:image
九分のお茶屋さんです。テラス席で一息。

f:id:chiicham:20171115020231j:image
台北101です。灯りがきれい。すらりと佇んでいます。

こんな感じで三泊四日の旅は終わりを迎えました。ハードでしたが、楽しい旅行になりました。今度行く時は是非、晴れの九分を満喫出来ますように☆それではアデュー。

 あ!最後に番外編をば。台湾では主に山間部やロードサイド等で売られている、ビンロウをご存じですか?ビンロウとは、ヤシ科の植物でその種子を噛んで味わう噛み煙草の一種とあります。噛むと煙草より強い酩酊感が味わえるそうで、ヘビースモーカーの父が試しに一粒噛んでみたところ、苦くて吐き出していました。しかしこの噛んで吐き出すという使い方が正解で、噛んだものは飲み込むと胃を痛めるそうです。ちなみに吐き出された汁は赤く、唇も赤くなるため人相は悪くなります。また吐き出された汁が景観を悪くするとのことで、台北市では規制されているようです。従って山間部やロードサイドで売られるようになったビンロウ。昔はセクシーな女性がビンロウガールとして街頭に立ち、販売していたようですが、今はその風習も無くなりつつあるようです。記念に一枚撮っておいたものがこちら。巻いてある葉っぱは取るそうです。

f:id:chiicham:20171115023942j:image

良い子は真似しないでね。
(ちなみに父も一粒でギブアップ。)






レッツ台湾☆

 三泊四日の台湾旅行を昨日終え、現在ホッとしているところです。楽しい旅になりました。今回の旅のメインイベントに位置付けていた、千と千尋の神隠しの舞台と言われている街、九分は大雨で堪能出来ませんでしたが、隣街の十分での天燈上げが予想以上に楽しかったので大満足。九分はまた次回トライしたいと思います。

 さあ、旅の初日は台湾名物、夜市へGO。一番有名で最大級のスケールを誇るのは士林夜市(シーリンイエシー)なのですが、私たち家族は敢えて、地元民が夕食を食べに来るローカル色満載の寧夏夜市(ニンシアイエシー)へ行きました。規模は350メートル程の一本道と小さいながらも凝縮されていて、とても楽しめました。夜市では台湾風粽や豚レバーのスープ、タコの串刺しやイカの炒め物、カキの玉子焼きに蛤スープ等を堪能。デザートに小豆とピーナッツかき氷を食べました。どちらも甘くて美味。最後に飲んだバナナジュースも程よい甘さで美味しかったです。台湾の人は皆親切で、何かに迷っていると教えてくれるのでとても助かりました。国民性、ナイスです。

 旅の二日目は先述した千と千尋の神隠しの舞台、九分とその隣街、十分で天燈上げを満喫しました。天燈上げとは、気球のようなビニールに願い事を書き、それに火を灯し上空へ上げるイベントです。私は全面ピンクで恋愛運上昇を願いました。それぞれの願い事によって天燈の色は異なり、自分たちで選ぶことが出来ます。一番人気は四面が異なる色の、どんな願いにも効くとされている天燈でした。全面ピンクの攻めの姿勢の人間は私くらいでウケました。天燈を選ぶと次はお願い事を墨汁の付いた筆で書いていきます。四面に書き終わると、ついに上空へ飛ばします。その光景がノスタルジックで感動しました。願いが届きますように。

 十分での時間を存分に堪能したら、お次は雨の九分へと向かいました。しかし到着した頃には大雨で、とても観光できる様子ではありません。足早にメインストリートを走り抜け、お茶屋で休憩。私はジャスミンティーを頼み、母はローズレモンティー、父は珈琲を飲み、旅の疲れをほんの一時癒しました。二日目の旅は専属でドライバーさんが付いてくれて、時間になったら迎えに来てくれるのですが、そのドライバーさんが気の良い方で、楽しい時間を過ごさせて貰いました。九分と十分(分は共に人偏)を満喫し、ホテルへ戻った頃にはもうクタクタ。しかし夕食が待っています。台湾のシンボルタワー、台北101の85階にある中華料理で私の誕生日祝いをして貰いました。雨なので景色は楽しめませんでしたが、美味しい中華でした。

 そしてもうひとつ。今回の旅で自分が意外に英語を話せるという嬉しい発見をしました。大学時代は落ちこぼれだったので自信が持てなかったのですが、いざ話してみると話せるし、聞き取れる。注文したサングリアがなかなか来ないので英語で聞いてみたら丁寧に謝罪され、言葉が通じる喜びを感じました。ホテルでも基本英語なので緊張しましたが、ちゃんと通じて少しだけ自信に繋がりました。私、やれば出来るんだ!それと、今英文法を学び直しているのですが、それも英語が通じた一因かもしれません。簡単な文型さえマスターすれば、怯むことはありません。それに加えて聞き取れればこっちのもんです。これもTOEICのお陰なのか。何だかんだ英語に触れておくことが一番大事な事なのかもしれません。旅の二日目はこれにて終了。

 いよいよ最終日。三日目は蝦釣りと台北101やその付近でショッピングを楽しみました。蝦釣りは竿に干しエビを付けて、ひたすら当たりが来るのを待つシンプルな遊びです。ここも地元民が多かったかな。二時間で計十匹釣りました☆面白いのは釣った蝦を自分で調理すること。調理と言っても蝦を洗い、自分で竹串に刺し、あら塩をまぶしてコンロで焼きます。表面が赤くなってきたら焼けたサイン。頭のみそが美味しく、身もプリプリで美味。楽しいし美味しいし、最高です。

 蝦釣りを終えると地下鉄に乗り、台北101へと戻ります。台湾の切符は電子コインで、おもちゃのように軽くて可愛かったです。地下鉄は日本の会社が作ったところが多いようで、雰囲気も日本に似ていました。台北101付近にあるショッピングモール、ATT4FUNで家族三人、同じ店で洋服を買いました。台湾発ブランドだと喜んでいたのですが、調べてみるとZARAの姉妹ブランドらしく、少し落ち込みました。今度来た時は台北の原宿、西門町で台湾発ブランドを買いたいです。ま、ZARAの姉妹ブランドも可愛いから良いか。

 この日の夕食は、台湾一の小籠包人気店、ディンタイフォンで美味しい中華を頂きました。一時間待ちだったのでその間に台北101に登り、夜景を楽しみました。そして戻ってきて、ディンタイフォンで小籠包を堪能しました。池袋の東武にも入っているのですが、やはり本場には敵いません。店員もキビキビしているし、圧巻でした。日本のディンタイフォン、もう少し頑張れ!味は良いけど店員の質、もう少し頑張れ!なんてことを思いました。お土産にディンタイフォンのパイナップルケーキを買ったのですが、これもまた美味。程よく柔らかいクッキーに甘く煮たパイナップルが入っているのですが、甘過ぎずちょうどよい味でした。さてさて長くなりましたが台湾三泊四日の旅もこの辺でおしまいです。そうそう、タピオカミルクティーも飲んでみましたが、本場のタピオカはもちもちで沢山入っているので、タピオカ欲は十分満たされました。ここからは写真付きで旅の思い出を振り返ってみたいと思います。

心しくしく雨模様

 あー、苦々しい過去を思い出して悶絶なう。大学四年生の頃、韓国語の授業を受けていたのですが、そのなかで韓国語で演劇をするというものがあったのです。シューカツにも行き詰まり死にそうになっているにも関わらず、韓国語で劇!?もう頭がパンクしていた私は少しも覚えられず本番の日を迎えました。結果は惨憺たるものでした。私を含めて五人グループだったのですが、皆完璧にこなしている中、私だけ何も覚えていないから空白が生まれてしまいます。まあ、よくあの状況で挑もうと思ったな、と我ながら感心してしまいます。

 更に辛かったのが他の四人が私のことを一切責めなかったことです。優しくされたら更に惨めさが増す。かといって罵倒されても凹む。なんと面倒な人間でしょうか。皆、ごめんね。私のせいで酷いことになってしまって。私はあの時一杯一杯で、おそらく韓国語を覚えるメモリーが働かなかったのです。思考停止。一文も覚えられませんでした。つ、辛かった。過ぎたこととは言え、たまに思い出しては心がしくしく痛みます。もう数年前。私の心をゆっくり蝕んでいるようです。もう忘れよう。でも何も覚えられない状況なんてあるんですね。頭が真っ白になるとはまさにこのことか。人生初の頭真っ白事件。沢山の人に迷惑を掛けたけど、早くあんなこともあったなーと思えるようになりたいです。 

 私は変に記憶力が良いのか、なかなか忘れられずに苦しむことが多いのですが、ある程度のことだけ覚えておいて、あとはもう忘れちゃうくらいがちょうど良いのかも知れませんね。その塩梅が難しい。人生まだまだ。一生修行中だと考えて歩いていくしかないのであーる。URであーる。なんちって☆ 

我が心の淡路島🐙

 やったー!今日は出掛けられました。久しぶりのお外は気持ち良かったです。ニンテンドー3DSを持ち歩いたら、なんと9人とすれ違っていました。アンビリーバボー!都会は凄いですね。バイオハザードでもすれ違っていて、救援物資としてショットガンの弾を貰いました。ありがとう、どこのどなたか存じませんが、感謝しています。やっぱり出掛けると面白いことがありますね。家でウジウジしているより、よっぽど精神衛生上良いわ。これからも気力が続く限り、お外の空気を吸いたいと思った次第です。

 そんな私の今日の晩御飯はコロッケそば!最近観たテレビでやっていたので無性に食べたくなり、作ってもらうことになりました。コロッケそば美味しいですよね。淡路島産ワカメを添えて。あ~楽しみだ。早く食べたいな。私とコロッケそばの出会いは学食でした。早くて旨い。それがコロッケそば。お汁に浸った衣がまた美味。コロッケの旨味をそばのお出汁がたっぷり吸い込むので、お汁もコクが出ます。ってどんだけ語るねん。

 あともうひとつハマっているおやつがきな粉ヨーグルト。ヨーグルトの上に、砂糖と混ぜたきな粉を振り掛けるだけの簡単レシピですが、これがまた絶品。きな粉の甘味がヨーグルトの酸味を消してくれるので何杯でも食べられます。ヨーグルトは無糖のものを選びます。簡単だけど美味しい、私にとっては立派なスイーツになります。健康的だしね。長生きするつもりはないと思いながら健康に気を遣うってなんだか矛盾しているようですが、それが人間なのかな。最近食べたもので美味しかったのは、淡路島産タコ飯とタコの煮物です。タコは柔らかくも身が引き締まっているので、プリプリした食感も楽しめます。淡路島恐るべし。ワカメもシャキシャキ絶品です。何だか今日は食べ物のブログになってしまいました。せっかくなのでタコ尽くしの写真を添えておきますね🐙

f:id:chiicham:20171105192052j:image


我が心の出川

 またお家に籠りっきりな一日になっちまった。激しく後悔なう。どこかへ出掛けないと身体が鈍っちゃうと分かっていながらも動けない。た、助けて~。ニキビも治ったと思ってもいつの間にか復活しているし。もう全て投げ出したいくらいいやだ。いや、全てを投げ出した結果が今かな。その結果を自分で引き受けなきゃ。つ、つらい。辛すぎるぜ。真面目に自分の将来を考えていると辛くなってきて寝るしかなくなります。結果寝る時間が長くなって活動時間が減る、と負のループに陥ってしまいます。無念じゃ。人生なんてなんとかなると思いたくてもなかなか思えないよ。家族が理解してくれるのだけが救いです。今はまだ充電中だと考えれば良いんだよね。いつまでも同じ状況ではない筈だし、動けば何かが変わる気もしています。その動く勇気がないんだよなー。外国人に日本語を教えるボランティアもフェードアウトしてしまったし。何かやってみようとは思うのですが、長続きしない。

 ちょこちょこつまみ食い形式でも良いから何かやってみようかな。そんな今考えているのは、英会話を習うことです。文法をやり直しているのですが、こんなことより話した方が早いのでは?と思い、少し英会話に興味が出てきています。なかなか恥ずかしくて喋れないけど、イッテQの出川哲朗の英語を見ていたら度胸が大切だと教えられました。出川哲朗、強すぎる。私の中の国民的スターは出川哲朗に決まりですね。見倣うべきところが沢山あります。私には度胸が必要。あと精神的タフさ。これを身に付ければ今よりもっと生きやすくなるのではないか、ある程度図々しい方が良さそうです。度胸と図々しさ。ほ、欲しい。喉から手が出そうなくらい欲しいです。それにしても井上あさひちゃん可愛い。(ニュースなう)ウジウジせずに行動あるのみ。家では英語を学び直すことに重点を置くのみ。何かに熱中出来れば一番良いのですが、それを探すのも面白いかもしれません。私みたいな人間も生きていて良いんだと早く思えるようになりたいです☆(暗ッ)

前髪カモンッ!

 何もやる気が起きない。何かしなければと思うほど何も出来ずに時間だけが過ぎていきます。せめて文章を書く習慣だけは残しておこうと思い、ブログを更新しています。それにしても書くことすら億劫である。そんな時は書かずにじっとしているという選択肢もありますが、私は敢えて書く道を選んだのである。なんだか随分と勇ましい文章になりましたが、大丈夫でしょうか。

 早いものでもう11月。何故だか焦っているのは私だけでしょうか。もういくつ寝ると~お正月~が迫ってきている。それなのに私はなにもしていない。なにもしないまま25歳を迎え、そのまま呑気にお正月まで迎えようとしている!!しっかりしなければ。今は充電期間、と自分を許してあげられれば、こんなに息苦しくはないはずなのに。いつまで充電期間を過ごすかも大きな課題となっています。とりあえず年内はゆっくりして、年明けから少しずつ社会復帰に向けて動き出そうかな。この「ゆっくり」が厄介で、結局なにもすることがない状況を生み出しているようです。パソコンの練習に英語の勉強とやるべきことはあるのですが、なかなか身が入らず困っています。気分転換に買い物でもと思っても、あまり欲がないので欲しいものがない。結局外へ出向く機会も減り、家に籠りがちになる。だからなんだかなー、という日々を送ることになっているのです。

 私が外へ出ない理由はもうひとつあります。それは髪型が決まらないから。今まではワンレンボブでしたが、何故だか前髪を切ってしまい、ワンレンボブを維持出来なくなりました。するとどうブローしてもしっくりいかず、そんな私に残された道は、帽子を被るかヘアターバンをするかの二択しかありません。最近はヘアターバンでカバーしているものの、それにも飽きてきました。飽きが来ないように数種類を付け替えているのですが、それにも飽きてきました。もう全てに飽きてきたので家でじっとしている日々を送る羽目に。

 何か新しいことを始めようと思っても気力が湧かない。新しい出会いが私には必要。新しい風に吹かれて凝り固まった自分をまっさらにする必要があります。分かってはいるものの踏み出せない。だからこんなウジウジしちゃうんだろうな。自分が悪いことは分かっているんです。だけどどうしようもない。どん詰まりじゃ。時間が全て解決してくれたら良いのに。食欲もあまりないので痩せるには持ってこいかな。体重の増減も気になりますしね。気になることが地味に多くてとてもつらい。『鈍感力』も途中で腹が立って投げ捨ててしまいました。鈍感サイコー\(^o^)/なのは分かったけど、それと対極にいる人間には見向きもしない姿勢にはぷちおこ。あんたに何が分かるんだ!とぶちギレてしまいましたよ。笑える。あんなに師事していたのに一瞬で憎しみに変わりました。やっぱり私の指南書は、がん哲学外来の先生の『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』に決まりですね。ことあるごとに読み返したくなる一冊です。この本を紹介してくれた人に感謝ですね。その方に御礼の気持ちも込めて、先日釣り上げたブリを二匹送りましたが召し上がって頂けたかな。ん?敬語がおかしいかな?日本語は難しいですね。ま、いいか。もうどうにでもなれ!!これぐらいの投げやりとも取れる豪胆さ、いいですね~。人生にゃんとかなる🐱おしまい☆