言葉を失った瞬間が一番幸せ

 自分だけが立ち止まり、一向に前へ進めない気がするのは、気のせいなのか。 どう足掻いても立ち直れないなら、いっそのこと沈んでおけ。やらなきゃいけないことなんて本当はない。私が途方もない時間を埋めるためだけに始めたに過ぎないのだから。結局さ、全ては真夏の夢なんですよ。惚れた腫れたと騒いで楽しい時は一瞬。その一瞬に永遠を見た気がしても、全ては真夏の夢の如し。

 雨が降るから君に会いたい。君だけしかいらないのに。本当は他に何もいらないのに。どんなに悲しくても、やるせなくても試験は確実に近づいてくる。時間は待ってはくれないね。私ばかり悲しい振りをして、そこから動こうとしないなら、結果は無惨だろう。這い上がれ。立ち上がるのが厳しくても、そこから動き出そうとせよ。悲しいだなんだって、じゃあ結局どうすればいいのさ。

 私が立ち止まろうが、一歩踏み出そうが、世界は止まることなく、動き続ける。ひとりで悪足掻きしたって、どうにもならないことくらい知っている。知っているけれど、どうしようもない。雨が降るから君に会いたい。悲しい夜に限って雨は降り続けるし、一向に止む気配がない。止む気配がなくとも、雨が降り続いていようとも忘れるな、彼が生きていたことを。

 ハンサムだったね、君は。精悍でハンサム。それでいて余計なことは喋らなかったね。書けば書くほど、地獄に引きずり込まれそうになる。自ら傷つきに行っているのかもしれない。書かなければいつか記憶が風化し、全てを忘れ行くのかもしれないのに。忘れたくなくて、忘れるのが怖くて、ただ書き続けているに過ぎない。カラットちゃん、ごちゃごちゃうるさくてごめんなさい。

 皆、それなりに生きているんだよ、きっと。衝撃的な一報が飛び込んで来た時は、驚くかもしれないけれど、それも全て数え切れないニュースのひとつ、ひとコマになるはず。私はどう頑張ってもひとコマに出来ない。心を持って行かれてどうしようもない。24時間、悲しくて仕方ない。どうすれば救われるのだろうか。どうすれば再び前を向けるのだろうか。答えはひとつ。新しい愛にすがれ。

 亡くしたものを抱えながら生きて、永久に傷つきたい。永久に傷ついた先に、新しい景色を見たい。きっと誰も悪くないし、誰も君を責めない。ただ、全てを手放すことは、全てに別れを告げることであり、もし「いっそのこと僕を忘れてくれ」と思っていたならそれは間違い。だって忘れられるはずがないから。今に囚われて、過去も未来も星座も越えて、永久に傷ついて生きる。それもまた風流。 

あの頃、台湾を追いかけた(2017年台湾旅行紀)

 3泊4日の台湾旅行を無事に終え、早3年。当時の旅行を振り返りつつ、様変わりした世界に思いを馳せています。さて、今回の旅のメインイベントに位置付けていた千と千尋の神隠しの舞台と言われている街、キュウフンは生憎の大雨。しかし隣街のジュップンでの天燈(ランタン)上げが予想以上に楽しかったので大満足です。

 キュウフンはまた次回、挑戦したいと思います。さあ、旅の初日は台湾名物、夜市へ!一番有名で最大級のスケールを誇るのは士林夜市(シーリンイエシー)ですが、私たちは敢えて、地元民が夕食を食べに訪れるローカル色満載の寧夏夜市(ニンシアイエシー)へ。規模は350㍍程の一本道と小さいながらも凝縮されていて、とても楽しめました。

 夜市では台湾風粽や豚レバーのスープ、タコの串刺しやイカの炒め物、カキの玉子焼きに蛤スープ等を堪能。デザートに小豆とピーナッツかき氷を食べ、どちらも甘くて美味。最後に飲んだバナナジュースも、程よい甘さで美味しかったです。しかし店員さんが目の前で引くほど砂糖を入れていたのはご愛嬌。無添加ちゃうんかい! 

 台湾の人は皆親切で、困っていると助けてくれるのでとても助かりました。国民性、ナイス!旅の二日目は、先述した千と千尋の神隠しの舞台、キュウフンとその隣街、ジュップンで天燈上げを満喫しました。天燈上げとは、気球のようなビニールに願い事を書き、そこに火を灯して上空へ上げるイベントです。

 私は全面ピンクで恋愛運上昇を願いました。それぞれの願い事によって天燈の色は異なり、自分たちで選ぶことが出来ます。一番人気は四面が異なる色の、どんな願いにも効くとされている天燈でした。全面ピンクの攻めの姿勢の人間は私くらいでウケちゃった。天燈を選ぶと次はお願い事を墨汁の付いた筆で書きます。四面に書き終わると、ついに上空へ飛ばすのだ。その光景がノスタルジックで感動!願いが届きますように。

 ちなみに私の願い事は「ステキな恋人が出来ますように」と「大切に思える人に出会えますように」という猪突猛進っぷり。あれから3年経ちましたが、残念ながら恋人はいません!?しかし、大切に思える人には出会えたため、全てが報われました。さて、 ジュップンでの時間を存分に堪能したら、お次は雨のキュウフンへ。

 しかし到着した頃には大雨で、とても観光どころではない。足早にメインストリートを走り抜け、お茶屋で休憩。私はジャスミンティー、母はローズレモンティー、父は珈琲を飲み、旅の疲れを癒しました。2日目の旅は専属ドライバーさん付き!ドライバーさんが気の良い方で、楽しい時間を過ごさせて貰いました。

 キュウフンとジュップンを満喫し、ホテルへ戻った頃にはもうクタクタ。しかし夕食が待っています。台湾のシンボルタワー、台北101の85階にある中華料理屋で私の誕生日をお祝いして貰いました。贅沢~!こんなに親不孝ものなのに。そしてもうひとつ。今回の旅で、意外にも英語を話せるという嬉しい発見をしました。大学時代は落ちこぼれだったので自信が持てなかったのですが、いざ話してみると話せるし、聞き取れる。

 注文したサングリアがなかなか来ないので英語で聞いてみたら、丁寧に謝罪され、言葉が通じる喜びを感じました。ホテルでも基本英語なので緊張しましたが、ちゃんと通じて少しだけ自信に繋がりました。私、やれば出来るんだ!旅の2日目はこれにて終了。いよいよ最終日を残すのみ。

 3日目は、エビ釣りと台北101やその周辺でショッピングを楽しみました。エビ釣りは竿に干しエビを付けて、ひたすら当たりが来るのを待つシンプルな遊び。ここも地元民が多かったよ。2時間で計10匹釣りました!面白いのは釣ったエビを自分で調理すること。調理と言ってもエビを洗い、自分で竹串に刺し、あら塩をまぶしてコンロで焼きます。表面が赤くなってきたら焼けたサイン。頭のミソが美味!身もプリプリで美味!楽しいし美味しいし、チェゴ!(最高)

 エビ釣りを終えると地下鉄に乗り、台北101へと戻ります。台湾の切符は電子コインで、おもちゃのように軽くて可愛かったよ。地下鉄は日本の会社が作ったところが多いようで、雰囲気も日本に似ていました。台北101付近にあるショッピングモール、ATT4FUNで家族3人、仲良く洋服を買いました。台湾発ブランドだと喜んでいたのですが、調べてみるとZARAの姉妹ブランドらしく、少し落ち込みましたが。

 今度訪れた際は、台北の原宿、西門町で台湾発ブランドを買いたいところ。ま、ZARAの姉妹ブランドも可愛いから良いけどー。この日の夕食は、台湾一の小籠包人気店、ディンタイフォンで美味しい中華を頂きました。1時間待ちだったのでその間に台北101に登り、夜景を楽しみました。そして戻り、ディンタイフォンで小籠包を堪能。

 池袋の東武にも入っているのですが、やはり本場には敵わない。あなたには敵わない。店員さんもキビキビしているし、圧巻でした。日本のディンタイフォン、もう少し頑張れ!味は良いけど店員の質、もう少し頑張れ!お土産にディンタイフォンのパイナップルケーキを買ったのですが、これもまた美味。程よく柔らかいクッキーに甘く煮たパイナップルが入っているのですが、甘過ぎず、ちょうどよい味でした。

 さてさて、長くなりましたが3泊4日の旅もいよいよおしまい。本場のタピオカミルクティーも飲んでみましたが、タピオカはもちもちで大満足。モデルは飲まないらしいですがね。振り返ってみると、なかなか濃い時間を過ごしていました。

 たった3年で世界は様変わりし、気軽に出国出来る状況ではなくなりました。大切だった人も亡くしました。たった3年、けれど永遠に続くと思っていた世界は、音を立てて崩れ去りました。カラットちゃん、時間を巻き戻せたらどんなに良いでしょうか。でも、二度と戻せないからこそ、輝きを放つのかもしれません。

 その一瞬に全てを懸けろ。一瞬の煌めきのために、全力を尽くせ。全力を尽くしてもだめだったら、それもまた風流。以上、長くなりましたが、これにてさようなら!

宇宙の終わりまで続くんだ

 端正な顔立ち、何かを思い詰めたような眼差し、笑うと目尻にくしゃっと刻まれる皺、その全てが好きだった。こんなに早く別れが訪れるなんて、微塵も想像していなかった。大好きな人には「大好き」と、会いたい人には「会いたい」と言える勇気が欲しかった。悲しくても、苦しくても、永遠に立ち止まっていたいとさえ思う。それはきっと甘美な牢獄だから。

 他者と向き合う必要のない閉じた世界で、ひたすら悲しんでいれば良いのだから。待ち焦がれても永遠に会えない人の瞳は、確かに色づき、美しかった。その美しさゆえに長くは生きられなかった。ただそれだけのこと。深読みなんかしないで。全てはその美しさゆえだった。最後の姿を収めたドラマは当たり前のように放送されるけど、私は追い付けない。すぐにチャンネルを回してしまう。

 どうして皆平気なんだ?どうして。たった一人の俳優の死にここまで心が抉られ、一向に私の地面は乾かない。笑顔を見るだけで泣けて、泣けて仕方ない。顔で笑って、心で泣いていたんだね、きっと。もっとムスッと出来たら良かった。腹が立ったら、カチンと来た表情が出来れば良かった。彼は良い子だったから、それが出来なかったのかもしれない。

 悲しいけれど、その気持ちはよく分かります。周りから「大人しくて、物分かりの良い子」 と言われてしまうと、それ以外の反応が出来なくなる。物分かりの良い子として全うせざるを得なくなる。そうして次第に心が蝕まれる。気付いた時には手遅れか、手遅れとは言わないまでも、その心はボロボロだろう。

 あの日を境に毎日悲しくて、やりきれなくて、自分だけが立ち止まっているような感覚になる。試験も近づいているのに、全てがどうでもよくなり、全てが憎らしくなった。公園で遊ぶ子どもを見るだけで悲しくなる。かつて彼も子どもだったことを思い出し、生きていくことの残酷さを思う。芸能人じゃなかったら、生きていたかもしれないね。

 芸能人なんかになっちゃだめだよ、皆。プライバシーもプライベートも、そんなものは彼らにはない。それを楽しめる人はいい。でも、一人の心ある人間として立ち返った時、見せ物、ショーの主人公としての自分に気付いた時、その悲しみは計り知れないだろう。30歳を過ぎているのに17歳と飲酒し、お持ち帰り出来る人はいい。芸能人に向いている。淫行で逮捕されるべきだと思う。

 全ては見せ物であり、ショーなんです。そのショーに真剣に向き合い、心を砕いた末に散ってしまうことの切なさよ。でも、それだけ真剣に生きたことの裏返しかもしれない。それだけ悩み、苦しみ抜いた末の結果に過ぎない。好きになれて幸せでした。いつまでも変わらぬ愛を注ぐよ。永遠の30歳、宇宙の終わりまで続くんだ。

癒せない傷なんてない

 最近はろくに勉強もせず、ブログばかり書いています。書けども書けども満ち足りず、空白が生まれるばかりで途方に暮れてしまうお年頃。試験が近づいてくる。近づけば近づくほど、焦りとともに諦めが生まれる。不安は勉強量で払拭せよ。これだけ頑張ったんだから、その頑張りは裏切らないと。自分で自分にしてあげられることは、最後まで全力を尽くすことしかない。もがいて、足掻いて、最後に合格を掴み取れ。自分のために。

 何だか創作意欲と言いますか、ポエムなら永遠に紡げる気がする。小説家にはなれないけれど、ポエム家ならなれる。書けども書けども寂しさは消えず、余計に袋小路に入るんだけど、それでも何か書かないと身が持たぬ。昔もこんな時があったよ。確かジョンハンを初めてお目にかかった後だ。心からお慕いし、彼の幸せを願ってやまなかったあの頃。ジョンハンだけを信じて、見つめていたあの頃。

 時の流れに身を任せ、水が流れるように生きていきたい。ジョンハンは本当に良いことを言うね。谷川俊太郎より心に響く。どんなに悲しくても朝は訪れるし、また勉強漬けの日々を送らなきゃいけないことは分かっている。でもどうしても気が向かない。すぐにポエムを吐き出したくなる。自分ばかりが傷つき、立ち尽くしている錯覚に襲われる。本当はそんなことないのに。

 どうしたら立ち直れるのだろうか。進むも地獄、退くも地獄でござる。もうすぐ28歳だよ。結局何者にもなれなかった。周りからの期待に応えようと意気込み、派手に転んでしまったという悲しみが消えぬ。今まで頑張ってきたんだから、これからも頑張れるはず、とまた自分に負荷を掛けた。誰にも頼まれていないのに、自分の尊厳のためだけに走り続けた気がする。

 知能が落ちた気がして勉強ばかりしているけど、結局何者にもなれないよ。何者かになんてなりたくない。ただ、何かしていないと不安で仕方ない。その割にテキストに向かうことを避けている。全ては自分のため。自分に投資し、付加価値を高めよ。何者でもない私になるために。皆、そんなに頑張ってないよ、きっと。付加価値を高めないと不安で仕方なくなるくらいなら、いっそのこと全てを手放せ。世界は私が思うより深く、広く、そして優しいはず。

Eternally.

 惚れた腫れたと騒ぎ、華奢で繊細そう、足が長くてステキ、瞳に翳りがあるように見える、もうそんなことで一喜一憂したくない。ネットを徘徊していたら「性癖にぶち刺さる」という表現を見かけました。性癖にぶち刺さるだと?誰もあんたの性癖を満たすために生きているんじゃないよ。皆、心ある人間なんだよ。ふざけるな。ぶち刺さっている暇があったら勉強でもしとけ。性癖にぶち刺さる証は、苦しみと悲しみの証だよ。よくもそんなことが言えるな。

 勝手に解釈されて、咀嚼されて、消費されて、いつの時代もその繰り返しさ。そうやって私たちの娯楽の一環として、常に身近にあり続けた芸能という仕事。あり得ないほど近くに感じられる時もあるけれど、本当はとてつもなく遠いね。大好きだから何にも心配いらない、と伝えても決して届かない。届くことのないエールに身をやつすのはなかなか体力が必要だ。

 もう止めた方がいい。こんなに悲しくなって、憤って、でも結局消費するのは私たちだという現実に打ちのめされる。華奢でステキってあんた、どういうことか分かってんのか、と自分を張り倒したくなる。その繊細さに堪らなく惹かれるも、もう離れたいと願わずにはいられない。こんなに苦しくなるならいっそのこと身を引くべき。性癖にぶち刺さると臆面もなく言える、その無邪気さと言うのか無神経さと言うのか、全てが憎らしい。

 結局は私たちが悪いという結論に辿り着き、とんでもない価値観に支配されていることを改めて思いました。いいじゃん、ガッチリしていたって。いいじゃん、そこに愛があれば。日々懸命に努力し、練習に励み、若手の台頭に立ち向かいながら、本当によく頑張りました。長かったと思います。ここに至るまで、本当に多くの時間を要したと思います。

 皆、好き勝手言います。私を含め、消費者は声高に主張します。まるでそれが与えられた権利かのようにね。全て耳に蓋をして、何も聞こえないようにすればいい。でも、現実はそうはいかない。エゴサをして、自ら傷つきに行ってしまう人もいます。その気持ちも痛いほど分かる。評判だけが秤の世界だから。

 悲しいくらい痛々しい人を前に、私はどうしたら良いのだろう。その儚さを美しさだと捉え、またヒーヒー言うのか。こんなに傷つき、打ちのめされても、格好良い!とまたはしゃげるのか。絶望も希望もない空のように透き通っていられたら。惚れた腫れたと騒いでいられるうちが花。花の命は、私たちが思っているほど短いのだ。

まだ何も伝えてない

 セブチ先生の〈HARU〉からパイセンの〈Segno〉をハシゴし、NU'EST Wの〈DOUBLE YOU IN SEOUL〉へ突入しました。パイセンの顔つきが今現在と違うなーと思いながら観ていたら、どうやら少しふっくらされたんですね。ごちゃごちゃ騒いでごめんなさい。ふっくらするのはいいことだ。2020年のパイセンもちゃんと好きで、安心しました。2年前が良い!とかごちゃごちゃうるさい。

 私だっていやだよね。「2年前のちいちゃんが好き!」なんて言われたら。今を生きてんだよ、今を。痛々しいラップを奏でるパイセンに心底惚れていたんだ。でも「しっかり栗の皮をむきますね!」と無邪気に言っていた2020年のパイセンもちゃんと好きでした。なんなんだ、ちゃんと好きとは。

 カラットちゃん、パイセンの魅力について語り出したと思えば、「顔が違う!」と錯乱したりして、我ながら本当にどうかしていると思う。痩せたら痩せたで騒がれ、ふっくらしたらしたで太った!と言われ、人気商売は気苦労が絶えないね。本当にごめんね。私は〈DOUBLE YOU IN SEOUL〉の黒髪のパイセンが大好き。〈Segno〉もステキだけど! 

 パイセンが歌うソロ曲「WITH」の映像がYouTubeにもありますが、再生回数が思ったより少なく、「こんなにステキなのに!」とせっせと再生。彼のラップには、聴いていて苦しくなるような切実さがある。こんなに悲しくさせるのは、パイセンの表現力の賜物だよ。

 大好きなのに、いきなりこき下ろしてしまう厄介な性格を治したい。すぐに「ふっくらしたんか!?」とキレたりしてさ。ふっくらした方がいいじゃん。バカなのか。パイセンの翳りが大好きなだけなのに。決して明るくはないけれど、穏やかな微笑みに惚れちまいました。

 「昔のパイセンカッコいい!」じゃないんだよ。今の、今を生きるパイセンを見てあげなよ。こんな自分が心底嫌い。自分に嫌気が差しました。ふっくらしていても、ほっそりしていてもいいじゃん。愛があれば。

会えないからって死ぬわけじゃないし

 会えないからって死ぬわけじゃないし、お互いの事情も分かってる。だけどそれじゃ苦しくて、毎日会いたくてって宇多田ヒカルやないか!死にはしないけど、生きている実感も得られぬ。だから録画した〈HARU〉を観て、戻らぬ青春に思いを馳せています。ジョンハンの華奢な体つきにしなやかな動き、とても色っぽいでござる。女を目覚めさせるエモーショナルレッドでござる。(フジコシェイクシャドウ)

 パイセン、私の許可なしに派手に脱がないで下さい。惜しげもなく晒さないで下さい。秘すれば花、という私の誓いを破らないで下さい。(と言いつつDVD再生!)ジョンハンはさ、隠しきれないんですよ。その匂い立つような色香を隠しきれないんですよ。必死に隠そうとしているけど、溢れ出てしまうのだ。そこに堪らなく惹かれる。

 NU'ESTパイセンは皆さん豪快に脱いでおられますが、私の気持ちを置き去りにして、気持ちが良いほど脱いでます。待ってくれ。そんな簡単に晒さないで。洋服を身に纏っているからこそ、想像を掻き立てられるし、見えそうで見えない美学がそこにありますやんか。皆さんガンガン脱ぎますゆえ、一体どこを目指しているんだ?

 JRパイセン、以後、私の許可なしに脱がないこと。その引き締まった肉体は魅力的だけど、それだけじゃないから。それだけが君の魅力じゃないから。(と言いつつDVD再生!)と言いつつDVDを再生するんだから、ごちゃごちゃ言わずに黙れや、といったところでしょうか。

 会えない日の恋しさも、側にいる愛しさも同じくらいクセになるね。〈HARU〉を観ていると、どうしようもなくジョンハンに惹かれていたことを思い出しました。取り戻せ情熱、掴み取れ愛情。そして、後戻り出来ないところまで求め続けよ。