卒論の口頭試問終了=学生の終焉…

無事に卒論の口頭試問が終了しました。ここ最近の食欲低下&謎の胃のお婆ちゃん化(つまり胃もたれ)に悩まされたつらい日々も、これにておしまい。いざ終わってしまうと寂しくて堪りません。

気持ちのよい口頭試問でこの大学で学べて良かった…!と心から思えました。
「卒業まで長いな~まだかな~。」と感じたことがないのが地味に誇りです。えへへ。それだけ濃密な時間を過ごすことが出来たのは、やはり学びたかった社会学を勉強出来たからだと思います。混迷を極める今の時代だからこそ、自分の核となる考え方を身に付けられたのは、今後の糧になると信じて生きるぞ。

バラスーシな日々よ、ありがとう。
これからのことはゆっくり考えます。
ゆるゆると生きていけたらバラスーシ。