読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷりぷりしてたら可愛くないぞ♪

って言ってきたやつ、お陰様でぷりぷり二割増しです。我ながら驚くほど心が狭く、インコを逃がした人の「泣いている」発言さえも許せないんですからね。今年は「寛容であれ」をモットーに掲げていきましょう。緩やかに、穏やかにね!(絶対無理)

ぷりぷりで思い出しましたが、漫画家の吉田戦車さんの『ぷりぷり県』は素晴らしい県漫画であります!日本の都道府県ごとの特色をギャグタッチで描きながら、地方の知られざる姿を学べる、教養漫画の側面も。

で、『ぷりぷり県』とは山陰地方にあると言われる架空の県。ぷりぷり県出身の郷土愛の強い主人公、「つとむ」が東京で就職し、大都会東京に反発しながらも魅せられ、地方出身の同期や上司に見守られながら成長する、痛快ストーリーです。

私もこの本から長崎県の県鳥は「オシドリ」であることや、群馬県の名物は「かかあ天下と空っ風」であることを知りました。

うむ、県漫画は偉大なり!!