読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤若冲・与謝蕪村展、制覇!

先日、サントリー美術館で開催中の伊藤若冲与謝蕪村展へ行ってきました。江戸時代に活躍した、二人の天才絵師。今年で生誕300年とのこと。
いやー、日本画あっぱれです。若冲の描く動物画は、どこか丸みがあってコミカル。特に「象と鯨図屏風」は迫力満点。どこか仏教風味漂う象さんと、飛沫をあげる鯨のコントラストが圧巻です。
クリアファイルとしおりも買って、すっかり虜です。あと、あまり可愛くない、首を上に伸ばした鹿の絵も好きです。奈良の鹿とは友だちなんで。(キモッ)

続いて与謝蕪村。日本史の図録に載っていた「山水図」が見られて大満足。繊細な水墨画に見入りました。

この日は終了間近だけあって、館内は大混雑。特に常軌を逸したお婆様方がちらほらいてビビりました。と言うのも、自分が正面を陣取って見るのに必死で、人にぶつかるのは当たり前、おまけに靴まで踏まれてムキー!歳も歳だし、焦っているのだろう、ということにして許しました。(嘘です。力一杯呪いました。)

常軌を逸したBBAは置いといて、素晴らしい展覧会でした。またゆっくり行きたいですね。(BBA抜きで)