ちいちゃんは『木皿食堂』を手に入れた!

木皿泉の単行本『木皿食堂』をGETしました。ちょうど先日『木皿食堂2』が出版されたらしく、ナイスタイミングです。この本は色んなところで書いていた文を一冊に纏めた散文集。神戸新聞で連載していたものを中心にインタビュー記事や、薬師丸ひろ子主演ドラマの「世の中を忘れたやうな蚊帳の中」の脚本が記されていたりと読み応えアリ。このドラマの舞台が神戸の塩屋だったので、この夏にでも行ってみよう。山陽電車に揺られてきます♪木皿泉が考えていることはいつもブレないので、同じようなことを以前どこかで読んだ気もします。でもそれがいいんです。ブレない強さ、ここに極まれり。

なんてニュースを見ながらブログを書いていますが、最近皆人殺しすぎじゃね?毎日誰かが殺されていますよね。殺伐とした現実が、木皿作品によって満たされた心を打ち砕いて来ます。いやだねー。とりあえず我が家の夕飯はカレー。美味しく頂きます。

木皿食堂

木皿食堂

木皿食堂2 6粒と半分のお米

木皿食堂2 6粒と半分のお米