荒井由実の宇宙空間

おばんです。荒井由実の「朝陽の中で微笑んで」に癒される今日この頃。ユーミソの曲は生を慈しむようなものが多くて沁みるわー。なんといっても荒井由実時代が最高ですわね。暗くていいわぁ。底知れぬ重さもまた刺激的です。「カード一枚ひくように 決まるさだめがとても怖い」という歌詞には唸りました。「とても怖い」という人生への畏怖が分かる気がして。自分ではどうにもならない感じ?怖いですよね。ただそういう時は、時の流れに身を任すしかないんでしょうね。時の河がどこかへ運んでくれると信じて。
特に私が好きなのは「形のない愛を繋ぎ止めて」というフレーズ。なんだかSFチックでステキ☆時空を越えた思いを感じさせるんですよね。宇宙空間が目の前にパアッと広がるような印象を受けました。嗚呼、私にも朝陽の中で微笑んでくれる人が欲しいな♪今のところ、一歳の♂のセキセイインコが籠の中から微笑んでくれる位なんでね。夢にもインコばっかり出てくるし。ピチピチな私の脳内を鳥ががっつり占めてるって、我ながらウケます。インコたん、ピチピチの男性に変身してくれ!頼む!

なんだか最後はユーミソと全く関係ない話題になってしまいましたが、荒井由実BIG LOVEでっせ!