「マグリット展」制覇☆

6月初旬、六本木の国立新美術館へ「マグリット展」を観に行きました。がっつり観賞して、へとへとになったことは覚えています。とにかくシュールで面白かった~!マグリットと言えば「凌辱」が有名ですよね。二つの乳首を眼に、臍を鼻に、性器を口に見立て、女性の裸体を顔として描き出した作品です。良く思い付くな~。この作品も堪能出来ました。他には卵がモチーフにされているものもちょこちょこ。なぜ卵なのか、理由は忘れたけど。てへ☆大きな丸い石が宙に浮いている作品や、鈴がモチーフのものなど、マグリットさんは丸いものに宇宙を感じていたのかなーなんて思いました。私が一番気に入ったのは鮭の絵。確か「同族意識」という作品だったかしら。私は鮭が好きなんです。きっと。高橋由一の「鮭」も好きだし♪あと「旅人」という作品も可愛くて好きでした。でも「同族意識」も「旅人」のどちらもポストカード化されておらず残念。いやー盛り沢山な展示で疲れましたが、満足感が高かったです。それに比べて「こんぴらさん展」は…(ぐちぐち)

マグリット展は京都でも開催されるので、関西へ帰った際にもう一度行きたいな。その帰りは京都動物園へ行き、ヤブイヌ達に会ってくる予定。楽しみ~☆