除雪車の乱

WOWOWで何の気なしに観た映画「ファイティングダディ 怒りの除雪車」がとっても面白かったのでちょっぴり興奮気味です。(ブヒブヒ)邦題もナイス。これは息子をマフィアに殺された父親が、怒りに任せて人を殺しまくるというお話。除雪車乗りの一見地味なおっさんが、簡単に悪を始末しまくるので笑えます。おじん、向かうところ敵なし!ただ息子を失った哀しみや、実兄との絆などグッと来る要素をチラッと入れているところが憎いね。舞台は北欧。一面の銀世界が美しいんだけど、どこか物悲しい。とにかく不思議な魅力たっぷりの作品でした。

ところで主演のファイティングダディ、どこかで見た顔だと思ったら、同じく北欧が舞台の「ドラゴン・タトゥーの女」で存在感たっぷりの役で出ていました!いやはや恐れ入った。これも一度観たら忘れられない何かがある映画でした。「もう、リスベットたんの気持ちに気付けよ!この色男ことダニエル・クレイグ!」って作品の本質とは関係のないところで萌える私。いや、これも本質かな。男と対峙する女たちの話ですからね。最低な男に制裁を加える一方、自分も男に惹かれてしまう。うーん難しい。原作読んで勉強します。(生真面目)そう言えば「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルンこそ至高の私でしたが、本作のダニエル・クレイグがじわじわと来ています。アラゴルン危うし!あ、ファイティングダディから好みのタイプに話が逸れましたが北欧映画、深いいね☆

ファイティング・ダディ [DVD]

ファイティング・ダディ [DVD]