安い♪安い♪百円生活♪(涙)

連日の地震のニュースで気が滅入っているなう。つらい。

そうそう、先日邦画の「百円の恋」を観まぴた。32才の引きこもり女がボクシングを通じて自立するというお話です。試合のシーンは「ミリオンダラーベイビー」を思い出してじーん。とにかく号泣ですわ。だけど、コンビニの深夜バイトの描写は心が痛かったです。うう…。店長良い奴だったのに居なくなっちゃうし、とてもつらい。悲しい感じに禿げてたしね。本当に過酷な職場です。しかもバイトの○ソじじいがミクシィだのマイミクだの…。こいつは万死に値します。

とてつもなく痛いんだけど、ちょっぴり清々しい一子の成長物語を堪能しました。それにしても一子のバイト先のコンビニの「安い♪安い♪百円生活♪」のメロディが頭から離れない。彼女の生活圏の寂れた街並みにも胸が締め付けられました。これも日本のある一面ですよね。

ちなみに登場人物では青木ジムの会長がオススメ☆「クライマーズ・ハイ」のでんでん的な味があります。でんでん大好き!でんでん~。