知足2016

 う~書きたいことは沢山あるのですがなかなか筆が進まない。文章は書かないと書けなくなるって言うけど本当ですね。(誰が言ったか知らないけれど) 

 書きたいことと書けることはやっぱり別で「本当に大切なことは書かない」と朝井リョウが言ってたけどその通りだな~と思いました。インターネットは残りますからね。紙は燃やせばなくなるけどネ。だからネット上では当たり障りのないようななんだかつまらないものしか書けないような、そもそも自分はその程度だったと思ったり、いやこんなつまんなかったのか私!?と思ったりなんだか息苦しい。これが若さってことかしら?自意識に苦しめられる私…キャピ⭐

 そんな中、最近は紙の日記をつけているのですがこれが読み返してみると面白い。感情が迸っていて実に読み応えがあります。私、生きてるんだね!と再認識させられるほどの熱さがあって笑いました。そう考えると「インターネットの自分」も「紙の日記の自分」もどちらも自分なのであって、優劣つけるものでもないのかも知れません。ま、そんなことはどうでもいいのだ!自己を見つめすぎるとダークサイドに堕ちる危険性があるため、外に目を向けることがこころの健康には良いそうです。(ふむふむ)幸い来月から一年半に及ぶ高等遊民生活から脱する予定なので楽しみです。(内心ドキがムネムネ…) 

 背伸びしないで出来ることを精一杯やるゾウ。動けば先が見えてきたのでこれからが楽しみです。毎日自分で自分を忙しくして余計なことを考える時間がないくらい、走ってみようかな。今までが休みすぎたのでリハビリだと思って進みます。幸あれ☆