ユーアーノットアローン

 することがありません。寝るしかねえ。ま、夜だから寝れば良いんですけどね。マイケル・ジャクソンの「ユーアーノットアローン」良い曲ですね。久しぶりに聴いたけど。マイケル・ジャクソンも死んじゃったし、阿藤快も死んじゃったし、皆死んじゃいましたね。悲しいことに。阿藤快があっさり死んじゃったのには少しびっくり。もう携帯大喜利に出ることもないのですね。合掌。人は驚くほどあっけなく死んでしまうものですね。私だって明日まで生きている保証はどこにもない。死を意識しないくらい生に熱くなりたいものです。皆、熱く生きろ。一歩退いて物事を見るのも大切だけど、たまには飛び込んでみるのもありですね。

 私は高校時代の恩師に「普通の人が一歩引くところを三歩引く」と言われてハッとしました。謙虚と言えば聞こえは良いけれど、裏を返せば臆病なんです。こんな臆病な自分を変えたくて、積極的に街へ繰り出してはいるもののどうでしょう。少し生き急いでいる感があるのもまた事実。バランスが難しいですね。「明日死ぬかのように今日を生きろ」を座右の銘に生きるようになりましたがちと疲れました。あとね、「シンボルでありながら実務能力も持つ」と「正論でオーソドックス」も好きな言葉です。「正論でオーソドックス」は父の言葉なのですが、なんだかんだ言っても正論が勝つよ、というもの。そうですよね、正論でオーソドックス、良い言葉です。なんだかやる気に満ち溢れていてきました。将来への漠然とした不安はあるけれど、何とかやり過ごせそう。「やり過ごす」ことの大切さをこの入院生活で学びました。全てに正面からぶつかってはいけません。そこは上手くかわしながら泳いでいかないと。海で泳ぐようにスイスイと世の中を泳いでいく練習が必要です。生きるのがあまり上手じゃないなら、かわし方を勉強すれば良いんです。適当に生きるのじゃ。私は人生を二度生きるのだから。