読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

待つのも仕事

 あかん、ジム通い飽きてきた。早速飽きてきました。ピーンチ!せっかく道具一式揃えたのに。参考書買って満足するパターンのやつやん。なんだか急にどうでも良くなってしまいました…ボディメイクに躍起になっていたあの頃が懐かしい。ま、自然とまたやりたくなるのを待つしかないか。自然に沸き上がって来る感情に正直になるのじゃ。さすれば救われん。なんちって☆

 あー、救われたい。皆さん、救われたくありませんか?私は寛解状態なので完治ではないんですよね。勿論完治を目指していますが、ゆっくり焦らずですね。その結果、何か見えてくるものがあるのではないかと信じています。信じるものは救われるとも言うし。なんだかジムの話から救いの話になってしまいました。 自然に身を任せるのって案外難しいですね。外野がごちゃごちゃ五月蝿いしね。あー、やっぱり早く復帰したいな。また皆と笑い合う日々を待ち望んでいます。可愛い子供達に囲まれて幸せだったな。その時はなかなか気付かないんですよね、どれだけ恵まれていたのか。失って初めて見えてくるものって沢山ある気がします。おーいみんなー、大好きだよー!(はあと)←入れ込みすぎ注意 

 でも結局は親なんですよ。彼らにとっては親が一番。当たり前ですよね。その中でいかに関わっていけるのか、難しい仕事です。正解がないからこそ悩み、苦悩するわけですが、そこは身体を壊さない程度に悩んでいきたいですね。一度コップの水が溢れたなら、二度目は溢れないように調節したら良い。それだけの話です。主治医からのゴーサインが出るまで待ち遠しいですが、これもまた待つしかない。待て。待つんだ私。待った先に答えが見えてくるよ、きっと☆

「全力を尽くして心の中でそっと心配する。」

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい

明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい