読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書くことがない(と思ったら意外とあった)

 タイトルの通り、書くことがない。書くことがないということを書いています。そうそう、今テイラー・スウィフトちゃんにハマっていて中でも「ENCHANTED」という曲が私のなかでキテます。「ENCHANTED」とは「魔法にかけられて」という意味らしいのですが、まさに歌詞が素敵。「あなたに出逢って魔法にかけられたよう」なステキな恋の始まりを歌っています。

 でね、この曲のシチュエーションがまさに「タイタニック」そのものなんですよ!「今夜も無理矢理作り笑いをし、退屈な日々に辟易している」女性がある男性と出逢い、まるで魔法にかけられたような気持ちになっている、と言えばジャックとローズやん!!あの退屈な社交場から逃げ出した先にはジャックが!!あかん、興奮してしまいました。気になる方は是非歌詞を検索してみてくだされ。あまりのタイタニックぶりに驚く筈です。曲の最後に「Please don't be in love with someone else.」「お願い、他の誰かと恋に落ちないで」とあるのですが、この乙女心かわいい~!うんうん分かる分かる~!と頷きまくり。ぼやっとしているうちに他の誰かに取られたら終わりですもんね。私もおちおちしていられません。って誰もおらんやろ\(^^)/

 でもぼやっとしていながら愛されるすずさん、可愛かったのう。と唐突に「この世界の片隅に」が!それだけあの映画のインパクトが強かったということでしょうか。日本映画界、まだまだ行けるぜ。「シンゴジラ」も面白かったしね。でも私はやっぱり藤井樹が好きだな~岩井俊二のね!「love letter」のね!久しぶりに観たくなってきた。あの頃の酒井美紀とか柏原崇とかの神々しさ、ヤバくないかい?今あの神々しさ出せる役者いるか?いないよね。あ~愛しの90年代!という気持ちでございます。