メリー喜多川(90)

 ブログを見返していると「この世界の片隅に」を観に行ったのが21日前だと分かって驚いたり(もっと最近観たつもりでいたので)何かと発見があります。自分はこんなことを考えているのか~と思ったり、ちょっと根詰めすぎでは?と心配したり、我ながらハラハラします。しょうがない、根詰めるのは性分だから。性分だからと割り切れる部分と、改善できる部分を見極めていかないとなー、自分を制御出来るのは自分だけですからね。助けて、竹原ピストル!!って感じ。

 私が竹原ピストルを最初に知ったのは、函館の作家、佐藤泰志原作の映画『海炭市叙景』に貧しい兄妹の兄役で出ていたのがきっかけです。渋い役者だと思っていたら魂の歌手でした。演技もお上手で、何とも言えない物悲しい映画でした。

 そうそう、今日は心機一転、新しい手帳を買いました。楽しい予定で埋め尽くされたら嬉しいな。まずは仕事の予定を早く書き込みたい。早く働ける日が来ることを待ち望む毎日です。子どもたちに早く会いたいな~とそればかり考えちゃってさあ大変。今までの熱量を注ぐとまたパンクする、じゃあ今までの7割の力を注いだらそれはそれで楽しめるのか?「熱く生きろ」の信条に背くことになるのではないか、と激しく格闘ちうです。始める前からごちゃごちゃ五月蝿いですね。取り敢えずやってみろ、ですね。頭でっかちな自分に渇!!(サンデーモーニングのやつ)

 それにしても明日暑いのいやだ。美術館へ行く予定なのに困りますわよ。全然関係ないけど元KAT-TUN稲垣メンバーよりは違和感のない呼び方ですね。メリー喜多川(90)はどう思ってるんだか。(90)の字面の破壊力はスゴいですね。いつまで更新するのでしょうか。