自分語りの日

 明日は診察日。先生に何を話そうかな。病院通い、早速飽きてきました。毎回話したいことをメモしてそれを見ながらお話していたのですが、それも飽きてきたな~と思いながらメモを作成ちうです。とにかく今は休養と言われましても、そろそろ社会との繋がりが欲しいぞい。一人は寂しいもんね。 人は社会の中にいてこそ自分というものを見出だせるのではないか。与えられた役割を果たしながら、自分を獲得していくのではないかと思います。そんな私は何もない。何も背負っていない現状に少し寂しくなります。あー、平野レミの息子くらい気楽に生きられればなあ。(失礼)でも落ち込みも以前よりは減ってきたし、良い調子です。自分で自分を励まさないとね。

 仕事への情熱が戻ってきたのが少し嬉しい。一進一退ですねー。なかなか一筋縄にはいかないなあ。病気が私に与えてくれたものってなにかあるかしら?「寛容であれ」というメッセージぐらいかな。何事にもキツキツではなく、寛容であれ。もういっそのことイタリア人になりたいお!!明日からイタリア人だと思って生きていこうかな。狭苦しい自分を投げ捨ててイタリア人として生き直したいですよ。今までの自分を「生き直す」人生を生き直したいなあ。どこで道を踏み外したのか。シューカツ失敗からあれよあれよと道を転げ落ちたのでした。でもなんとか生きてるお。シューカツ失敗が初めての挫折ですね。初めて壁にぶつかり派手に転びました。「自分が他者から受け入れられない」という初めての経験に適応できなかったんです。その時初めて自分は種として弱いという現実を突き付けられたのです。世知辛いのう。 

 いや待てよ?なんだか振り返ってみたら大したことないじゃん。初めての挫折から立ち上がるのに時間を要しているだけじゃん。大丈夫。今から自分の人生を生き直したいと切に願っています。やり直すのではなく生き直す。「やり直す」と言うと今までの自分を完全否定することになりますからね。それは自分があまりにも可哀想です。よしよし、大丈夫だよ、私。あまり自分を痛め付けないように生きていきたいんじゃ。気がついたら自分を否定していますから、それは良くない。「誰も悪くない」んじゃ。全てなるべくしてなったんだよね。だから誰も責めないお。(と言いながら自分を責めていますが)なんで病気になってしまったんだろう?と思うこともあるけれど、病気も含めて自分なんだよね。寛解のその先を見据えて頑張りたいです☆頑張って完治を目指すお!オー!!
広告を非表示にする