「これからだ。これからだ。」

 果たして人はどこへ向かうのか。時々私はどこへ着地するのか考えて眠れなくなる日があります。ま、考えても仕方無いのですが、つい考えちゃいますよね。二ヶ月半前までは入院していた身なのだから、そんなに焦らないでいい気もしますが。

 それにしても入院ちうはなかなかキツかったなー。自分がなぜ入院しているのか分からなかったので常に離人感に支配され、生き辛さが募る日々でした。この離人感とやらが厄介で、全てが他人事に写るんです。だから私の話をしていてもイマイチピンと来ない。誰か他の人の話のように感じるのです。現実感のないまま日々は過ぎていきましたが、もう二度と入院生活はご免です。やっぱり我が家が一番。そのことを確認するために入院していたようなものです。我々は家が一番だということを知るために外出するのではないでしょうか。とにかくこの先のことは誰にも分かりません。まずは復職、その先は未定。動きながら考えていきたいです。私はどこへ行くのでしょうか。楽しみでもあり、不安でもある私の未来。戦後の標語「これからだ。これからだ。」を信条にのらりくらり生きていきたいです。決めつけたらアカン。何事にもグレーを用意しておきましょう。それは自分自身の身を守る術でもあるしね。私の人生は「これからだ。これからだ。」