決意表明

 あ~決まったら決まったで緊張するぜ。でも俺はやるぜ。受け入れてくれる限り。と、このように仕事に対する緊張からTwitterへの連投が止まらなかったのですが、一旦落ち着きます。ちょいとごちゃごちゃ呟きすぎたかな、というわけでブログに戻って来ました。

 それにしてもはてなブログ落ち着くわね。しかし文章を書くという点に置いてTwitterはブログへの足掛かりとしては良いですよね。しょーもないことを呟くことも出来れば、長文となった真面目な事柄がやがてブログへと繋がるとでも言いますか。そう考えると瞬発的な呟きもTwitterの良さではありますが、一旦思考を整理するのにも使えることが分かりました。公開メモ帳みたいなものかな?私はしょーもないことばかり連投したあとは必ず少し落ち込むのですが(またくだらないことばかり呟いてしまった自分に失望するので)、ブログを書くことによってその落ち込みから少し回復する自分がいます。バラバラで断片的だった文章が繋がり、ブログとなる。そのプロセスをTwitterが担っているようにも考えられます。Twitterとブログの補完関係について少し考えてみました。私の浅い呟きも私の思考を構成しているのであり、その呟きこそがそれを証明しています。でも浅い呟きも悪いわけではないんだよね。そのような瞬発的な呟きも私の一部なのだから。 賢ぶらなくて大丈夫だよ!!元気出して☺と自分を鼓舞。Twitterも自分の一部、はてなブログも自分の一部と考えれば良いのではないでしょうか。疲れたからと言ってTwitterに逃げ込んだ自分に少し嫌気が差したのですが、人間だもの。PC眼鏡も掛けてるし、たまには良いじゃない。呟きまくる日があったって。それだけ感情が揺れ動いたことの証でもあるでしょう。暫くTwitterはお休みしますが(は、果たして出来るのか?)はてなブログは更新する予定です。長文をさらさらと書く習慣は残しておきたいので☆

 でね、なぜ私がTwitterをお休みするのかというと、しょーもないことしか呟かないからです。単純明快。それがTwitterの醍醐味かも知れませんが、今はブログに集中したいので一旦停止します。来週から仕事も始まるので気を引き締める意味も込めています。少し落ち着いてきたらまた再開する予定ではいますが。気軽に呟ける日が来るまでのお楽しみにしておきましょうか。うん、そうしようってここまでTwitterを呟く呟かないで悩んでる人間は果たしてどれほどいるのでしょうか。謎であります。悩むほどのことでもないというのか答えでしょうか。でも悩んじゃうんだよな。今日は久しぶりに職場へ行き、歓迎されてとても嬉しかったです。その喜びから精神が昂り、呟きまくる事態へと繋がったのですが、我ながら人間らしくて笑えます。私も人を快く迎えられる人間になりたい。歓待されて強くそう思いました。尊敬できる上司に出逢えたことに感謝しています。なかなか居ませんからね。というわけで、気楽に呟ける日が来ることを待ちたいと思います。長くなりましたがそれではこの辺で☆ミ

スパコーイナイノーチ☆
(ロシア語でおやすみなさい)