誰かの光となりたい

 明日は雨らしいですね。スッキリしない日々が続きますねー。私の心もスッキリしていないかと思いきや、意外にもさっぱりしています。髪もさっぱり切ったからかな。波瑠スタイルで頑張っちゃうお☆仕事への熱意も上がったり下がったりしながら推移しています。今はちょこっと上がり気味です。なんだかんだ言って子どもたちは可愛いし。でも可愛いだけじゃやってられない仕事でもあります。安全に遊んでいるか見守らなきゃいけない大事な使命がありますからね。使命感を持って取り組もう。これが私の使命だと思えたら強いですよね。仕事って楽しいだけじゃないし。プロフェッショナル仕事の流儀を観ていると色々考えさせられます。今日はレスリン吉田沙保里の監督の特集です。ココリコ遠藤が出てるのウケる。変態のくせに。重圧に耐えきれない監督、可哀想に。勝手に期待されて勝手に落胆されたり、選手としての苦悩が痛いほど伝わってきます。

 私もプロフェッショナルとして頑張りたい。何かを極めたい。そう願う自分がいます。自分は何者なんだろう。ただ日々を過ごしていく自分に焦りがあります。自分探しとか言って海外逃亡だけは避けたい。どこにいても自分は自分なのだから、海外に行って解決する問題でもないし。目の前のことに向き合い続けなければなりません。そしたら何か見えてくるかも知れないし、何も見えてこないかもしれない。

  誰かの光となれるような人間でありたい。そんな中で医療職に就きたいと考え始めました。アルバイトをしながらゆっくり考えていきたいと思います☆今考えているのは言語聴覚士という仕事。病気や事故、そして心理的な問題から言葉を発することが難しい人々に言葉を取り戻すお手伝いをする仕事です。今の勤務先にも乞音の子どもがいたのですが、ゆっくり聞き取れば聞き取れなくはない。焦らないで大丈夫だよという気持ちでいれば、向こうもゆっくり言葉を紡ぎ始めました。この経験から言語聴覚士という職業に興味を持ち始めました。世の中には色んな仕事があるんですね。社会福祉士も気になっていたのですが、なりたい職業が沢山あって困ります。一つに絞れバカ!って感じですね。む、難しい…。とりあえず今はアルバイトを頑張ろう。目の前のことをコツコツと!を信条に頑張ります☆ 夢はでっかく、現実は細々と!