過去にすがるなんてダサい

 つ、つまらない。アルバイトがつまらないのですが。あらゆることがどうでも良い。もうどうにでもなれって感じで一日が終わりました。これはなかなかヤバい状況。アルバイトがつまらないからって専門学校へ通い直す道を模索したり、忙しいです。だからアルバイトに熱心になれないのかもしれません。もうひとつの道を模索しながらでは熱を注げないのも仕方ありませんよねー。

 これでは専門学校に行ったとしても目標を達成できるかも怪しい。専門学校を一つの逃げ道として用意していたけど、どうなることやら。まだなにも決まっていませんからね。アルバイトが楽しくて仕方なかった半年前の自分、凄すぎる。「バイトってそんなもんやで。」と今の自分が囁きます。 アルバイトに熱くなりすぎだったのかもしれません。決してバイトだからって手を抜けば良いとは言いませんが、上手く息抜きをしながらやれば良いんじゃないかな。今までの私は息抜きの仕方が分からず猪突猛進していたので、その差が大きいような気がします。とにかく今までの自分はアドレナリン出まくりの状況で働いていたのでそれが懐かしく感じてしまいます。今はどうやってアドレナリンを出せば良いのか模索ちうです。何だか模索してばっかりやな。こうやって人は成長していくのかな。それならこの悩みも悪いだけではないよね。悩んで悩んで悩み抜いたその先に何が見えるのか。何も見えないかもしれないし、何か見えてくるかもしれない。何か見えてくることに期待して今を頑張ろう。「今を生きろ」漂流教室窪塚洋介が言っていました。過去でもなく、未来でもない。「今を生きろ」胸熱です!

 私は過去にすがりがちなので今を生きていないのかも知れません。過去の出来ていた自分に焦点を当てているから今を生きられないんじゃ。やる気がない自分も受け入れられないんです。でもそれはどうしようもありません。やる気がないもんはない。割り切って考えよう。そのやる気がない中でどう働くのか。考えても考えても答えは出ないけど、とにかく走ってみよう。話はそれからじゃ。やる気がない自分を受け止めてからがスタートですね🌠