頑張り屋さんからの脱却

 こんばんは☆今日一日、お家に籠りっきりでした。休日もバイトのことが頭から離れずとてもつらい。折角の休日、のんびり過ごしたいですよねー。どうすればゆっくり休めるんじゃろ?バイトにこんなに振り回されるなんてバカらしいですよね。うーん、どうしたものか。バイト中の嫌だった出来事とかを反芻してまた嫌な気持ちになるというループに嵌まっています🔃

 たかがアルバイトでこんなに悩まなくても良いよ!代わりはいくらでもあるから!と自分を励ましつつやっています。なんだかなー。元々悩みやすい質ではあったのですが、今回は復職への期待値が高過ぎた分、その反動が大きく来ている気がします。つ、つらい。あんなに渇望していた場所に戻ったら戻ったでこれかい。渇望していたのも病気の一種だったのかね?執着という一つの症状だったのかもしれません。何事も執着は良くないね。視野が狭くなっている状況なので、猪突猛進です。病気をする前のガシガシ働いていた自分に戻りたいな。熱く生きたいよー。今は停滞期だと思って凌ぐしかない。目下の急務は忍耐あるのみですぞ。が、頑張るぞ!!つまらないつまらないって五月蝿いんですよね私も。仕事なんかつまらんもんじゃボケ!と誰かに張り倒されたい。そしてハッと目を覚ましたいよ。楽しい仕事なんて幻想ですよね。お金を貰うということはそういうことなんですよね。いくらつまらなくてもお賃金を頂くわけなので、こちらもごちゃごちゃ言い過ぎてはいかん。それが仕事というものだから。  

 私は大学生の頃までアルバイト禁止だったので、バイトをどのくらいの熱量でこなしたら良いのか分からないんですよね。なんせ初めてのアルバイトなので🔰「これぐらいで良いよ」がどのくらいなのか分からないんです。経験が圧倒的に足りない。これは生きていく上でかなり不利ですぞ。若者よ、色んな経験を早いうちから積み、自分の糧にするのじゃよ。私は自分の経験不足に今苦しめられている気がするから。「これくらい」が「どのくらい」か分かったら勝ったも同然。さじ加減が分かれば怖いものなしです、きっと。そのさじ加減を勉強中だと思って怠いなーと感じながらも精一杯頑張ってみます。ん?ちょっと待ってください、「頑張る💪」が文中にちょこちょこ登場している気がするのですが、この「頑張る💪」を手放してみて、頑張るからひたすらこなすにchangeしたいんじゃ。頑張る教からの離脱。まずはそこからの気がしてきました。昔から頑張り屋さんだと言われてきたけれど、もう疲れました。頑張り屋さんだってずっとは頑張っていられないんです。頑張ることから意識的に目を背けてみよう。そしたら何か見えてくるかも知れませんし、何も見えてこないかもしれない。でも良いんです。自分が頑張り教の信者だということを自覚した上で次の対策を練る。ずっとこの仕事を続ける気はないんだから、もっと気楽にね。きっと大丈夫。それではアデュー🌟