任務完了

 つ、ついに言えました。バイト先に辞意を表明する任務、完遂。めちゃくちゃ緊張したけれどあっさり受諾され、なんだか拍子抜けしてしまいました。ま、気持ちよく去れそうな予感はしているし、良しとしましょう。良くしてくれたボスが残念がってくれたので少し嬉しかったです。てへ☆かなり理論武装して挑んだのですが、あまり突っ込まれることもなく終わりました。ふーこれで気が楽じゃ。残すところあと四回。気を引き締めて臨みましょう。ってそのあとの四回が辛い。たった四回、されど四回。もうモチベーション0やで。でも0に近いところでよく頑張った方だと自画自賛。自分で自分を労らなくちゃね。

 残りの時間でどれだけ子ども達と分かり合えるだろうか。100%じゃなくても良いんです。少しだけでも良いから分かり合いたいね。お互い未熟者同士、胸襟を開いて分かち合いましょう。残された時間は少ないよ。時間は有限。それを噛み締めながら臨みたいと思います。残り四回しか会わないと考えたら急に子ども達が愛しくなってきました。単純やな。大人の言っていることは100%正しい訳じゃない。大人だって間違えまくっています。それを身を持って体感してほしい。そして信念を持って生きてほしいって小学生に望みすぎでしょうか。でも実際大人なんてダメダメだからね。見ていて分かっている子もいるだろうけれど。そのなかでどう折り合いをつけるかでしょうね。私は折り合いをつけられなかったため、退職という形をとりましたが。皆、生きろ。そして自分のためにも沢山勉強してほしいですね。自分の可能性を自分で閉ざしたら勿体ないから。がんばれ!