WALL.E

こんばんは☆後れ馳せながらピクサー映画「ウォーリー」を鑑賞しました。めちゃくちゃ面白かったです。舞台は近未来の地球。人類が環境汚染を引き起こし、生き物の住めなくなった土地を残したまま、人間たちは宇宙船で地球から脱出します。そんな土地にたった一人残り、七百年もゴミの処理に勤しむロボットウォーリーが可愛くて堪りませんでした。

 そんな彼の唯一の希望は誰かと手を繋ぐこと。大昔の映画のワンシーンに影響を受け、誰かと手を繋ぐことを日々夢見るウォーリー。そんな時、宇宙船から地球にある植物の探索任務を担ったロボット、イヴが地球へ降り立ちます。七百年もひとりぼっちだったウォーリーはイヴに一目惚れ。熱烈にアタックしますが…といったお話です。最初はほんわかムービーなのかと思いながら観ていたら、中盤から怒涛の展開に。ハラハラドキドキ楽しめました。中でもウォーリーのイヴへの一途な愛に感動しました。ピクサーあっぱれ!ディズニーストアへ行ってもウォーリー関連の商品が皆無なのが哀しいですが、2008年の作品なので仕方ないか。全く古さを感じさせないストーリー、キャラクターの作り込み方、わたしのお気に入りの作品になりました。なんと言ってもウォーリーが可愛くて癒されました。くりくりおめめの可愛いウォーリーをイヴが必死で支える映画の後半は感動させられました。「愛」の強さを感じられる一作に出逢えたお。ウォーリーのぬいぐるみ欲しいー。あと地味だけど可愛いロボット「モー」のぬいぐるみも。あ、あとウォーリーにずっとくっついてくる虫も可愛い🐛なんとなく「千と千尋の神隠し」に出てくる坊ネズミみたいな可愛さがどのキャラクターにもありました。ウォーリー、もう一人じゃないよ。「WALL.E」オススメです☆