心しくしく雨模様

 あー、苦々しい過去を思い出して悶絶なう。大学四年生の頃、韓国語の授業を受けていたのですが、そのなかで韓国語で演劇をするというものがあったのです。シューカツにも行き詰まり死にそうになっているにも関わらず、韓国語で劇!?もう頭がパンクしていた私は少しも覚えられず本番の日を迎えました。結果は惨憺たるものでした。私を含めて五人グループだったのですが、皆完璧にこなしている中、私だけ何も覚えていないから空白が生まれてしまいます。まあ、よくあの状況で挑もうと思ったな、と我ながら感心してしまいます。

 更に辛かったのが他の四人が私のことを一切責めなかったことです。優しくされたら更に惨めさが増す。かといって罵倒されても凹む。なんと面倒な人間でしょうか。皆、ごめんね。私のせいで酷いことになってしまって。私はあの時一杯一杯で、おそらく韓国語を覚えるメモリーが働かなかったのです。思考停止。一文も覚えられませんでした。つ、辛かった。過ぎたこととは言え、たまに思い出しては心がしくしく痛みます。もう数年前。私の心をゆっくり蝕んでいるようです。もう忘れよう。でも何も覚えられない状況なんてあるんですね。頭が真っ白になるとはまさにこのことか。人生初の頭真っ白事件。沢山の人に迷惑を掛けたけど、早くあんなこともあったなーと思えるようになりたいです。 

 私は変に記憶力が良いのか、なかなか忘れられずに苦しむことが多いのですが、ある程度のことだけ覚えておいて、あとはもう忘れちゃうくらいがちょうど良いのかも知れませんね。その塩梅が難しい。人生まだまだ。一生修行中だと考えて歩いていくしかないのであーる。URであーる。なんちって☆