謎の焦燥感

 最近謎の焦燥感に囚われて、何かしなくちゃ!と焦るは良いものの結局何も出来ずに落ち込む、という日々が続いています。地味につらい。人間何かしていなければならないという思い込みを捨て、なにもしていない現状を受け入れてこそ、初めて本当の自由が得られるのではないかと思います。誰かに強要されたわけではないのですが、現状に焦りまくっているのもまた事実。「働く」ということについて25歳なりに真剣に考えています。しかし考えすぎて一歩がなかなか踏み出せない。

 もう25歳なんだから、歩むべき方向をきちんと考えないとかなりヤバい。私は成人式にも出ておらず、写真だけで済ましたクチなので、あまり二十歳の実感などを感じずにここまで来た気がします。二十歳は嵐のように過ぎ去ったけれど、25歳の今は「もう25歳」という重い実感があります。さすがにこのままじゃいけない。焦りだけが募ります。このままじゃいけないことは分かっているんだけど、次の一手がなかなか定まらないといったところでしょうか。次の一手がなんとか決まって、また元気になったらその時にブログを更新したいと思います。今の状態じゃ鬱々とした内容になること必至。そんなの読んでも誰も嬉しくないですよね。ま、私のブログなので好きなことを書けば良いのでしょうが、なかなかね。難しいですね。皆がハッピーになるようなブログを書くためにも今が踏ん張り時。この焦燥感はちとつらい。内職でもやって社会の一員であるという意識を持ちたい。私ははぐれもの歴が少し長いので、社会の本流に辿り着きたいなー。はぐれものはメンタルが持ちません!いや、一回はぐれたんだからここは思いきってはぐれものとして堂々と生きてやる!というのも手ですね。そうだよ。社会の本流に辿り着きたいという浅はかな願いが、幸せ感じ上手への道を閉ざしているとも言えます。幸せ感じ上手とは父の上司から教わったのですが、些細なことにも喜びを見つけ、幸せを感じやすくする感性を育てるという意味だそうです。私は幸せ感じ上手からは程遠いところにいましたわ。幸せ感じ上手、見習いたいです。目を凝らせば至るところに幸せは転がっているはず。それを感じ取れるだけの感性を鈍らせていてはダメですね。常にアンテナを張っていないとね。私は私のペースで歩いていくしかない。少しスタートが遅くなったけど、なんとか歩いていきたいです☆