睡眠導入剤、ゲット!

こんにちはー。今日の東京は冷えますね。再びダウンを引っ張り出してきました。筒井康隆の『夢の検閲官』を読んでいたら思わず涙がこぼれ落ち、慌ててふきふき。この話を読んだあと表紙を見たら泣けて泣けて仕方がありません。ツツイ文学、流石やなあ。私は読書している時と、オルビスのカタログを読んでいる時が一番幸せ。幸せってありふれたことなんですよね。
あ、今タリーズなうなのですが、真面目そうな就活生のおんにゃのこが喫煙席に入っていったので驚き!人は見掛けによらないねえ。私は就活の記憶を封印しているのですが、どうしても就活生を見ると思い出してしまいます。とてもつらい。私は一生この傷を背負ったまま生きていくんだろうな。今日も主治医が書いた診断書を見て泣けてきました。全く人生はままならないね。あ、就活生が戻ってきました。タバコ吸ってるくらいなら就活の荒波も余裕でしょうね。知らんけど。私は本当に打たれ弱いのでこの先生きていく自信がない。もう26年も生きたし、満足してますってこれ遺書か?最近も小6が自殺してしまったけれど、親は堪ったものじゃないだろうな。私も親のことを考えるとなかなか踏み切れないし、両親が私をこの世に繋ぎ止める鎖になっています。暗くてミアネ!
あ、このミルクティ絶対量少ないよ!おばはん、注文も間違えてたしダメだね。とおばはんに手厳しい私でした。