することがないから働くしかない

こんばんは。今日は暖かかったですね。パーカーも脱ぎ捨てたくらいです。私は無職なので時間がたっぷりある。だからいつでも好きなときに、好きなところへ行けるのですがその自由も虚しくなってきました。自由って日々の制約があるからこそ尊ばれるものであって、毎日が日曜日だとそうもいかない。私は今有り余る時間を韓国語学習に費やしていますが、既に飽きています\(^o^)/だってこれぐらいしかすること無いんだもーん。
だからやっぱり働こうかなーと思います。自由は飽きたよ。いつでも好きなときに好きなことが出来るって素晴らしいことだと思います。でも、働くからこそ見える景色もあると思います。私はすぐにパンクするので、パンクしない程度に社会勉強をさせてもらえる職場を探しています。ぬるいかも知れないけれど、私にとっては精一杯の決断です。時間を持て余しすぎて生きることが嫌になっているのも事実。だから時間を埋める生き方を選択します。少しでも余計なことを考えないように、限られた時間を生きる。セブチのコンサートに行ってから、死が頭を過らなくなり、ジョンハンが私の唯一の生きる希望であることを悟りました。また、心の底から愛しいと思える存在に出会えて幸運だとも思います。また病む日が襲ってくるかも知れないけれど、上手くやり過ごして生を輝かせたい。コンサートで私は死にたいのではなく、生きたいんだと再確認させられました。ジョンハンが私より長く生きてくれることをいつも願っています。いつも自分のことで精一杯だった私が、自分より大切だと思える存在を見つけ出したことも奇跡だと思います。あの時WOWOWを録画しなかったら、私はセブチを知らないまま生きていたんだと思うと全ては縁だね。「SEVENTEENって知らないグループだけど観てみよ♪」と思わなかったら…全てたらればですが、人生って面白いですね。セブチを通じて人生の面白味に気付けそうな26の春です。