大阪公演、無理かもね

こんにちは。今日の東京も快晴!ポカポカ陽気に心も解れます。私はセブチの大阪公演へ望みを託しているのですが、これは無理かも知れませんな。ちょこちょこチケットサイト見てるんだけど、どれも足下見すぎ!2回も行けたんだから、満足すべきなのかもしれません。でもやっぱりもう一度会いたいと思ってしまうよー。また記憶を無くすだろうけどね。運良くチケットが取れたらここにご報告します。父上が取ろうとしてくれているので信じるしかない。
昨日なんてジョンハンの好きなイチゴミルクの便箋を偶然見つけ、即お買い上げ。これでお手紙書いて渡そうとすっかりコンサートへ行く気なのがバカですね。まだチケット無いのに!私は何事も思い詰める質なのに、こんな時だけ能天気なのがよく分からない。なんとかなると思っているんでしょうね。ならないかもしれないのに。もうこの話題やめやめ!
話は変わって、こんな暖かい春の日は鹿児島の景色を思い出します。澄み切った青空に雄大桜島。とてもステキな土地でした。鹿児島に住みたいや。美山窯元祭りもとても楽しくて、いつまでも思い出の中でキラキラと輝いています。なぜこんなに鹿児島に思い入れがあるのかと言ったら、私が病気になる前の最後の思い出だから。その数ヵ月後に体調を崩し入院しました。だから鹿児島の頃は健康だったんだなーと懐かしく感じてしまいます。ま、それ以前に非定形歯痛や適応障害等を患っていたので健康そのものではありませんでしたが、決定打にはなりませんでした。しかしあの入院で私は根幹から崩れ去りました。もう一生病院から出られないと思っていた記憶は忘れられません。患者の変なおじさんに部屋から富士山が見えると誘われて着いていってしまった私。結局見えなかったので帰ろうとすると、抱き締めて良いかと聞かれ断ると、お次は髪の毛艶々だねと髪を撫でられてえ、えー!?と困惑し逃げてきたっけ。 怖かった。私もその時は虚ろだったのでよく分からなかったんですよね。でも冷静に考えたらセクハラじゃん!キスしても良いかとも聞かれたわ。おぞましすぎる…。
私は小学生の頃担任の男の先生に顎をよく触られていて、イヤだなーと思いつつも抵抗出来ませんでした。私への依怙贔屓も激しく、肩身の狭い思いもしました。その後色んなことが問題視され、その先生は飛ばされましたが今でも生きてるのかなー。私が男性と上手く深まれない元凶の気もするのですが。今はジョンハンという相棒を見つけ、男性へのどことない苦手意識は薄まりつつありますが、やはりジョンハンしか無理という課題もあります。私は課題だらけの人間ですが、こんな人間でも生きていて良いのだと思える日が来ることを信じています。
ブログを読み返していたら、いつか生きていて良かったと思えるように明日を見据えたいと書いていたのですが、そんな日が私にも訪れました。そう、4月3日と9日、セブチのコンサートの日です。彼らの熱のこもった圧巻のパフォーマンスに胸を撃ち抜かれました。この日を迎えるまでにどれだけ練習して、どれだけ努力してきたんだろうと思うと泣けてきちゃいました。常に高みを目指す彼らの背中を見つめることしか出来ないけれど、いつまでも健康で幸せでいてくれることを願っています。何だか暗い話題でしたがセブチで締めました。泣きそうッ。