母を泣かせた日

あーあ、また母を泣かせてしまいました。ずっと良い子を演じてきたから病気になったと責め立ててしまいました。私は昔から教師からの信頼も厚い自他共に認める良い子ちゃんです。でもその影で教師から顎を触られたり、イヤなことも沢山あったなー。それが母には余り伝わっていないと感じ、怒りをぶつけてしまいました。
もっと深刻になって欲しかったと言ったところ、母は私が好きだった男の子にお腹を殴られ、私が吐いた時は怒鳴り込んだと泣きながら言われてしまいました。お腹を殴るような男の子が好きだった私も問題ありですね。しかも吐いてるし。おまけに今でもその子のことが好きな私って…DV依存か?確かに許せないけど、可愛いところも沢山あったなーと思ってしまいます。両親は未だに恨んでいるようですが当たり前ですよね。そしてネックなのが彼の母親。母が文句を言うと「一人っ子だから心配しすぎ」的なことを言われたそうです。ひ、ひどい。母よ、そんな親の息子を好きになって本当にミアネ。そしてそんなイヤな思いをさせてしまってごめんなさい。
私は母を泣かせたいわけではないのですが、いつも上手くいかない。アダルトチルドレンなのかな。良い子を演じさせられたという被害者意識が強いのよね。ぐれた人が羨ましいよ。結局どーにもならないね。お疲れさまでした!