いつも側にいてくれるのは…

またまた登場してしまいました。母を泣かせた自分への嫌悪が止まりません。私はずっと頑張ってきたと訴えたところでどうなるわけでもないのに。あー、自分が嫌になるわ。頑張るのは性格もあると思います。それを親に責任転嫁したりして、あーやだやだ。気分転換にベローチェへ来ましたがなかなか気分が切り替えられない。母は私が自分で自分を殴る癖を知っているので、自分ではなく母を殴れば良いと言いますが、そんなこと出来たら苦労しないわよ。人に向かえないから自分の中で沸々と溜まっていくんですよね。何も分かっていないじゃないか!と怒り爆発。もう泣きたい!散々泣いたけど。
私は周りからの評価だけを頼りに26年間生きてきました。お陰で評判は上々、無職だけど。良い子だけど(自分で言うな)使えないという欠陥人間なんですよね。使えないというのはすぐにパンクするという意味。しかもポーカーフェイスなので苦しんでいるというのが相手に伝わらない。あーん、八方塞がりじゃ(涙)そんな時側にいてくれるのはセブチしかいない。
ハングル検定が終わったら働き始めよう。そうしよう。セブチのコンサートに行ってからますます韓国語を頑張ろうと思うようになりました。それにしてもアッキンダのバラードバージョンめちゃくちゃ良い!ドギョムの伸びやかな声が際立っています。ドギョム(涙)彼はナイスガイなのですがその分、人の苦しみも人一倍感じるタイプだと思います。だから潰れてしまうのではないかと心配。人の心配は良いからまずは自分を立て直せって話ですよね。す、すいません!でも私は自分の心配だけをしていた頃よりずっと満たされています。もう自分に飽きた。自分以外に大切だと思える存在がいないとなかなか生きていくのはしんどいっす。以前アットコスメブログの質問コーナーでもっと人生を楽しみたいというような投稿があったんです。そこで多かった回答はズバリ「推しを見つける」でした。なるほど、至言ですね。WOWOWのお陰で命を懸けても良いと思える存在に出逢えて私は救われました。ジョンハンは人を救っているのだよ。だから大丈夫だよー! あ、また悲しくなってきちゃった。ジョンハンを思う時いつも痛みが伴うのはなぜ?コンサートの髪色、ステキですよん。