海老蔵に俺はなる!

狂ったようにブログを更新する俺、大丈夫かね?ま、書いていると落ち着くので書けるだけ書くよ。海老蔵もこんな気持ちなのかな、と思いを馳せます。今タリーズなうなのですが、閑散としていて居心地が良い。誰も他人に興味がない感じがこんな時は心地良いです。私は反抗期らしい反抗期がなくて、この歳になってぐちぐち言っています。中高生の頃少し不貞腐れたら父にぶっ叩かれて以来、反抗しなくなりました。よ、弱い…。それでももっとぶつかっておけば、今こんなに生きづらくなかったのかな。私は「親の育て方が良かった」と言われることがあります。その親に怒りをぶつけて自己嫌悪に陥るのも私。親って何なんだろうね。私は両親を愛していますが、憎しみもあるのかも。良い子でしかいられなかった、今も良い子で居続けようとする自分の歯痒さをぶつけてしまいます。良い子以外の生き方を知らないから不良が羨ましいや。
自己表現が上手くないから自分で自分を殴るしかなくなるし、全てはコミュニケーション難から来ているのかもしれない。私は死のうとしていた時、大島てるの事故物件サイトや自死遺族の方のブログを読み漁り、生きている実感を得ていました。私はよく「病んでる」と自分のことを表現する人を見ますが、病むってそんなあまっちょろいもんじゃないよね。だから病みアカとかもなんだかなーと思います。病んでる自分を愛してもらおうとするな。そんな自分に甘んじるな。