変わりゆくのが人の心の常だと言いますが

こんばんは。セブチの幕張コンサートの語りを思い出していたら切なくて泣きそうッ。ウジ君、そんな思わせ振りなこと言わないでー。ジョンハンも辛いことや苦しいこともあると話していたし、彼らの心の内を垣間見た気がします。なんかいつも期待しちゃってごめんね。ジョンハンへのファンレターに「辛くなったら牛を育てる道へ歩むことも考えてくださいね。」と書いたのですが、本当はずっとSEVENTEENとして活躍する姿を見ていたい。でもそれが苦しみになってしまうくらいなら、私の願望などいりません。どうか彼らが無邪気に笑っていられますように。そしてどんな道を辿っても、それが最良の選択だったと思えるように歩んでください。何だか卒業式の式辞みたいになってしまいましたね。辛気臭い…
とにかく幕張3日目の語りは過去2回と雰囲気が異なっていて、胸が一杯になりました。ジョンハン、いつまでも咲き続けてとは言えないよ。いつかは終わりが来ることも知っているから。でもこの瞬間を輝き続けられるように、水を注ぎ続けるね。13人がいつまでも光り続けられますように。そして雨の日は風雨を凌いでまた立て直せる日が来ますように。ずっと側にいるねー!