始まりはいつも愛

こんばんはー。今日は昨夜に続きセブチ金蔓問題について考えていました。私は何かのファンになるということは、金蔓覚悟で臨まねばならないと思っています。しかし、AKB商法のようなCDの売り方はして欲しくなかった。それが潮流と言われればそれまでですが、やはりファンを思うのなら、そのファンから根こそぎ搾り取ろうとはしないはずです。世の中結局…ねー。
予約までしてわくわくCDを買ったファンには握手券エントリーカードを付けず、その後にお知らせするというスタンスに愕然としたのは事実。それがお前らのやり方かー!ま、その後結局二枚買ってしまいましたが、もう二度と買わないよ。私はカラットだけど、AKB商法に加担するのは私の良心に背く行為だから。だから六月のショーケース抽選には参加すら出来ません。そんなに一人でCD買ってどうするのよ?おバカか?自分の中で折り合いをつけながら彼らに向き合っていくしかない。日韓の国と国との状況は絶望的ですが、そこで扉を閉じず、自ら開き続ける努力が必要だと思います。その思いがいつか実を結ぶはずだから。ジョンハン、好きだよ。