ラブレター

こんばんはー。ようやく体調が回復しました。長かった。熱の乱高下でこのまま死ぬのかとも思いましたが、カロナールが頑張ってくれたようです。はあ、治っちゃったからまたハングル検定の勉強しなきゃ。とてもつらい。そんな私はジョンハンを慈しみ過ぎてしんどいので少し離れようと思ったのですが、やはりなかなか離してくれないよ!ジョンハンの繊細な動きは歌舞伎や狂言のそれにも似ているところがあるような気がするのですが、いかがでしょうか。とっても素敵だよ。
ジョンハンの映像を観るととても満たされると同時に、苦しくなってくるんですよね。コンサートで辛いことや苦しいこともあると話していたジョンハンを思い出すのか、どうか無理だけはしないでね!といつも泣けてきちゃうんです。私は自分が苦しいのは受け入れるけれど、ジョンハンにはいつも光が当たっていて欲しいから。暗闇に飲み込まれそうになった時は、急いで回れ右して戻ってくるんだよ!と伝えたいです。私がいつも側にいてあげたいけど、そうもいかないから心だけ隣に置かせてね。こうやってすぐ辛気臭くなる自分に嫌気が差しますわ。 もっと「マジで格好良いんだけど!ヤバい!ヒー!」とだけ言っていられたら楽なんだろうけど、性格的にそうもいかず。すぐにジョンハン…となってしまって心底疲れます。誰かを慈しむ毎日はそれはそれは素晴らしいものだけど、自分が苦しくなってちゃ意味無いや。セブチも永遠ではないと悟った日から、いつか来るであろう終わりに目を向けて一人涙する始末。儚いからこそ輝きは増すんだよね。13人が光輝く今をしっかりと受け止めるよ。あかん、また泣けてきちゃった!ジョンハン、いつも思っています。