雨の街を

こんにちは。大雨の中、ベローチェへ突撃しました。早速ハングル検定リスニングのテキストを開きましたが、難しい!慣用句や定型表現の知識が無いのでボロボロでした。余りの出来の悪さに焦るわ。練習問題も良いけど、まずは基礎固めに注力しなければならないことを痛感しました。こちらのテキストも膨大な情報量で目眩が。そして注意しなければならないのが、試験概要について。こちらのテキストには筆記90分と書いていたのですが、私の記憶だと60分なんですよね。慌ててハン検ホームページを見てみると、やはり60分でした。テキストは旧情報らしい!2018年から概要が変わったらしいので、致し方ないですね。焦ったわー。リスニング難しいや。後で受かった人の勉強法チェックをしないと。皆さんそれぞれ工夫を凝らして学習されているんだなーと参考になります。はあ、やりたくない。こんなにやりたくないのに、11月まで走り続けられるのかしら?でも絶対に受かって、準2級保持者のカラットちゃんとしてセブチ先生と向き合いたい。その思いだけで生きているのです。会えない時間こそ、自分を高める時間だよね。THE8は本当に良いこと言うわ。コンサートでその言葉を聞いて、奮起したんだもの。でもねジョンハン、会えない時間もいつも思っているだけで、私は救われているんだよ。リスニングはボロボロだったけど、ジョンハンの笑顔を思い出して立て直すね。
単語もまだまだだし、リスニングはボロボロと前途多難だけど、困難が多ければ多いほど燃えるってもんよ!テキストの情報量の多さに泣きそうだけど、泣きながらでもやるしかない。そうやっていつも頑張ってきたもんね。全部問題ないよね、セブチ先生!はあ、また泣けてきちゃった。ごちゃごちゃ言ってないで早く勉強に戻れってか?そうですよね。私はすぐに気が散るからね。それにしてもベローチェがざわざわ五月蝿いな。散れ!