強い気持ち、強い愛

 こんにちは。今日もあちーですね。私は元気にベローチェへ乗り込みましたが、既に疲労困憊。単語だけ覚えて帰ろうかしら。そして今日のベローチェ店員、私語が多い。空いた机も全く拭きに来ないし、キビキビした子がいないからなあなあだね。残念!しかし韓国語を勉強しているのに韓国へ行ったことがないというのも何だかなー。今の状況を鑑みると韓国上陸はなかなか厳しいものがあるし、でもそんなことを言っていたら永遠に行けないし、と悩むなう。

 グアムの韓国人に苦手意識を持ってしまったからね。まずはこの思いを払拭しなければ道は拓けない筈。ジョンハンの故郷を見てみたいし、どんな景色を見て育ったのか感じたいよ。どんな美味しいものを食べて大きくなったのかも知りたいし、ジョンハンのことなら何でも知りたい。だから私はやはり行くべきなんです。遠くない将来、必ず行ってみるね。

 グアムの韓国人は忘れましょう。皆、海外旅行で気を張っていただけかもしれないし、エレベーターで開くを押して降りるのを待っていても一瞥もくれなかったけど、そんなの日本人だってざらに居るしね。あかん、やっぱり苦手や…私がジョンハンと一緒にいられたら、こういう時は軽い会釈をして降りるのよ、と教えてあげられるのに!皆教わってきてないのかね?それともそういう国民性?もれなく一瞥もくれませんからね。私はやはりそういった情緒みたいなものを重んじるので、韓国人のどことなくツンとした態度には違和感を覚えました。

 でも私だってグアムの韓国人しか知らないくせに、韓国丸ごと一纏めに考えてちゃ視野が狭すぎるよねー。ジョンハン、ミアネ。
「そういうもんだ。」と割り切ることも必要なのかも知れません。相手に求めすぎなのかな。私はこれだけ気を配っているのに、という思いが拭えないんですよね。

 誰かにグアムの韓国人についての考察を聞いて欲しい。皆「日本人なんて目じゃありませんわよ!」みたいな態度を取ってきたけど、逆にそれが気にしている証拠のように見えて仕方なかったのです。私が考えすぎ?でも家族三人の見解は一致しました。何となく気を張っているんですよ。グアムを楽しみに来ている筈なのにね。だからやっぱり仲良くはなれない気がしちゃいました。

 いや、諦めちゃダメだ。ここで諦めたら永遠に扉は開かないぞ。在日韓国人の友人は沢山いるけど、やはり私からしたら彼女たちは日本人なんですよね。ゴリゴリの韓国人の友人を作り、グアムの韓国人の思い出を塗り替えたい。強い気持ち、強い愛で全てを乗り越えたいね。ジョンハン、大好きよー。