幸か不幸か

 こんばんは。「ODE TO YOU」当落発表を前に、眠れない夜を過ごしそうです。つ、辛すぎる。ただいま「HARU」なうなのですが、ジョンハンの少年のようにはしゃぐ姿に泣けてきました。この人を育てることが出来ない、という一点において我が人生に後悔が募ります。ジョンハンを産みたかったな。ジョンハンのお母さんが羨ましい~!やっぱりお母さんには勝てないのよね。

 ジョンハンは優しいから心配要らないけど、ご両親を、そして妹さんを大事にしてね。あかん、また思い詰め過ぎて泣けてきた。「アッキンダ」の時にジョンハンが統括リーダーにちょっかいを出し、めちゃくちゃ嬉しそうなリーダーが映っていて微笑ましくて泣けました。関係性に泣けちゃうんだよね。きっとお兄さんラインは辛くても易々とは辛いとも言えず、苦しい思いもして来た筈。そう考えると、お互いを思い合う姿勢にぐすん。

 ジョンハン、よくがんばりました。私は尊敬しているよ。ダンスがなかなか覚えられず、一人泣いていた引っ込み思案な君が素敵に成長した姿は、本当に立派だよ。一人の少年の成長にここまで胸を熱くさせられるとは、思ってもいませんでした。いつも思っているよ。あ、当落発表を前にしてセンチメンタルモードに入っちゃった♪

 カラットちゃんたち、眠れないよね!?私は毎回眠れないのよ。宇多田ヒカルのコンサート3日前から緊張のあまり不眠になったし、とてもつらい。飯食って笑って寝よう!はあ、ジョンハンを育てたくて堪らなくて、とてもつらい。君はそれだけ魅力的なのさ。コンサートを観ていると、カラットちゃんたちが映る度に「私もあの中の一員だったんだなー。」と感慨深くなるのよ。

 3回も夢を見せてくれたジョンハン、好きよ。心から愛していることを伝えたい。しかしそのためにはコンサートに当選して、ファンレターを持参するしかない。だって私にはワンチャン無いから。ワンチャンを得るためには、私がロケットパンチの一員になるくらいしか無いから。その可能性は限りなく0に近いからねー。でも産みたかった、とまで思わせてくれる人に出会えて、自分が生まれて来た意味が分かった気がします。ジョンハン、また会いましょう。