終わりのない言葉

こんばんは。近所の夏祭りのお囃子が心地よい夜。ちょうど一年前にこのお祭りの金魚すくいで金魚を持ち帰り、今も水槽の中を悠々と泳いでいる姿にじーんとしました。もう夏も終わりだね。ジョンハン、良い夏を過ごせましたか。まずはサマソニお疲れさまでした。皆無事だったかな?カラットちゃんたちの歓声を力に変えて、素敵なパフォーマンスを披露してくれたことでしょう。想像しただけで胸が踊るよ。ありがとー!さてさて、私は「ODE TO YOU」当選に向けてせっせと願掛け。どれか一つくらいは当たるでしょうよ。ハニちゃん、アツいパフォーマンスに酔いしれさせておくれ。私がギョーカイ人のコネを発動させなくて良いように、当たってくれますように!(発動しませんが)しかしジョンハン眉毛染めたんか?ツイッターで見たサマソニでの顔の印象が違う。目元が薄いのよ。今までの顔が良い!早く戻しなさい!と発狂。余計なことはごちゃごちゃしないでおくれ。そのままのジョンハンが丸ごと素敵だから。
しかし23日午後5時まで、またまた生きた心地がしない日々が始まると思うと憂鬱。ま、ダメだったらダイエットに励まなくて良くなると考えれば、少しは気が楽にはなるけれども。コンサート=ダイエットしなくちゃ!という謎思考。誰もてめーの体型なんざ興味ないわ!とは分かっているものの、少しでも可愛くなって乗り込みたいんですよね。乙女心ってやつかな?厄介ですわね、この乙女心とやらは。ジョンハンに向けて頑張る!という可愛らしいものではないのが厄介なところ。だってジョンハンからは私なんて見えないじゃないですか。沢山並ぶ豆粒の一粒に命を懸けるほどマメじゃないんですよ。豆だけに。なんちって。私の言わんとすることが分かって下さいますか?とにかく自分が面倒なカラットちゃんであるということは分かります。プライドが無駄に高いので息苦しいっす。もっとジョンハンだけを見つめていたい。風と光とあなたが心のままに私の中で煌めいているー♪あなたの全て、今類いなきものー♪この歌をジョンハンに捧ぐ!