切ない思い出は二人重ねてゆくもの

 カラットちゃん、こんばんは。歯医者で念入りにお掃除をしてもらったので、歯がツルツル。えへへ。気分上々。歯医者の後はお決まりのベローチェで読書。小池真理子の『夜の寝覚め』を読み耽りながら、彼女の描く性愛描写が、どことなく小田和正の歌詞の爽やかな艶やかさに似通っている気がしました。私はムヒムヒ担当だからね!小説で胸が一杯になりながら、帰途に着く時間が好き。明日はどこへ行こうかなー。ベローチェも飽きてきたし、どこか開拓する必要がありそう

 しかしハングル検定の勉強に追い立てられなくなったので、気が楽。その分やることがない(涙)と嘆くかと思いきや、今は読書が急務なので、その心配は杞憂でした。「君を抱いて良いの?」か。ニヒヒ。堪りませんなあ!ジョンハン、そのままの君が大好きだよ。就職を斡旋してきたK-POP産業と関わりがありながら、セブチを知らなかったおじさんが「結婚でもしたら全て変わるはず。」と私の体調がまだ万全ではない、と勝手に決め付けて言って来た冬が懐かしいや。結婚?全くじじいはすぐに結婚させたがるね!ジョンハンでこんなに満たされていることを、この人は知らないのだと鼻で笑ってやりましたが。

 K-POPのイベント会社を紹介されたけど、人を決め付けてかかるおっさんに斡旋された仕事なんて嫌です。「ジョンハンに会えるかも!ヒー!」となる単純な女だとお思い?甘いわよ!!私は頑張りすぎて病気になったから、もう頑張らないで生きていこうと誓いました。でも期待されると頑張っちゃうんだよね。だからもう期待されたくない。でもそれも寂しいか。期待をされて、プレッシャーすごい。それでもやるしかないんです。

 ジョンハンは私の誓いだよ。だから何も恐れないでね。もっと早くに出会いたかった。もっと長い時間を一緒にいたかった。まだ知ってから間もないけどこんなに愛しいなら、デビュー当時からのカラットちゃんなんて相当思い入れが強いだろうね。歳を重ねる毎に色っぽくなって、雄が増してくる。なんて堪らないんだ!!カラットちゃん、数ある人の中からジョンハンを見つけ出した幸運を、共に祝おうよ。

 私にとって全く思い入れのない人から「結婚」という二文字をチラつかされる度に、ジョンハンへの思いが強くなるよ。私はこんなに満ち足りているのにね。ジョンハン、大好きだよ。ジョンハンが不必要に傷付くことがないように、前だけを見て歩めるように、そのことだけが気掛かり。親か!