少年のように微笑んで

 カラットちゃん、またまたこんばんは。することがないから、ブログを書いているよ。明日はベローチェでがっつり読書。明後日は未定。明々後日はサンシャインにて西武のセール!楽しみだなあ。その前に明日はNHK「テレビで韓国語講座」にセブチが出演するね。ジョンハン、優しく教えておくれ。さて、カラットちゃん、研ナオコの「あきらめの夏」という曲はめちゃくちゃ良いから是非とも聴いてみて下さい。

 JUJUのカバーも良い。「意味深なシャワー」という歌詞にジョンハンを思い、一人ムヒムヒしてしまいました。てへ。何でもかんでもジョンハンを絡めて生きていくスタイルだから、ムヒムヒが治まらない。こんなだから息が上がるんだろうね。JUJUの「桃色吐息」を聴いて、またまたジョンハンを連想し、ニ、ニヒヒ。全く困った。何でもかんでもジョンハンを絡めて生きていくスタイルだからね!(2回目)

 「抱かれる度素肌、夕焼けになる。」か。ジョ、ジョンハン…全てはその眼差しが悪い。横浜流星でも満たされないなら、どうしたら良い?7時からテレビに出るらしいから一応観るけど、きっと満たされない。(観るんかい)愛が遠くへと行かないように、きらびやかな夢で縛り付けたいよ。カラットちゃん、私は天性のムヒムヒニストを愛してしまったばっかりに鼻血が止まらないけど、皆そうかしら。ジョンハンを愛してしまったカラットちゃんは、皆クラクラしながら生きているのかな。

 ジョンハンの扇情的な眼差しに動悸を覚え、足元が覚束なくなりながら、必死で堪えているんでしょう?カラットちゃん、連帯しましょう。これは天性のムヒムヒニストを愛してしまった業なのよ、きっと。自分の中に眠っていた部分が喚起されるのが分かる。ジョンハン、生きる喜びを教えてくれたのは君だよ。性愛なしに人生は語れませんから!ブヒ!!