ただ泣きたくなるの

カラットちゃん、またまたこんばんは。私のブログにダイレクトアクセスしてくれる数少ないカラットちゃんに向けて、このブログを捧げます。私はジョンハンより3つ年上だけど、それもちょうど良いんじゃない?なんて思っている能天気なカラットです。毎日読書か買い物しかしていない、という世間離れした一面もありますのよ。ま、世間と積極的に関わろうとする気力も失せていますが。今日は西武ライオンズ優勝セールで、西武までいそいそと出掛けてきたけど、何も買わずに帰宅しました。偉い!!マフラーと帽子、そして小銭入れが欲しかったけど、マフラーも帽子も大量にあるし、小銭入れはまだまだ現役で使えるので焦らなくても、と思い止まりました。服も鞄も靴も、そして洋品小物も大量にあるのに、にこにこ買い物に繰り出すのはもう止める。人の期待に応えるだけの生き方はもう止める!
昔から欲しいものは全て手に入れてきた癖が抜けないね。あまり物をねだらない子どもだったのですが、その分欲しいものは全て与えられてきました。駄々とかもあまりこねた記憶がないし、優秀なお子だったようです。でも今は無職でのほほんとしているから、優秀なお子でも意味無いね。そうそう、最近関わった大人たちから「ご両親は(私のことが)可愛くて堪らないでしょうね。」と声を掛けられることが続き、私の可愛さが爆発してはいないか、心配しているところです。遠回しに「甘やかされてる」と言われているのか?とも思ったのですが、よく分からないや。あまり言葉の裏をかく癖は止めて「ご両親は可愛くて堪らないんだろうな。だってこんなに可愛いんだから!」という意味に受け取っておくね。ポジティブポジティブ!!
ジョンハンに出会って、可愛らしさと女らしさを手に入れたいと貪欲に追求しているのですが、そんな私のお手本は深津絵里さん。清潔感と、上品な色気が同居していて魅力的!「深津絵里が好き!」と言うと「好きそう!」と言われるのが嬉しい。雰囲気真似させて下さいな。深津絵里が好きならば『リンネル』とかを読んでいると思われそうだけど、今は『BAILA』に傾倒しています。ジョンハンのせいだよ。色っぽフェミニンに憧れてるんだよ。君に心底惚れているんだよ。母いわく、ジョンハンは女性らしい女性よりも、スポーティーな女の子が好みなんじゃないか、ということで『ララビギン』に戻るのか!?とも思ったけれど、暫くは『BAILA』の熱が消えない。一度燃えた炎は、簡単には消せない。by 鈴木保奈美。カラットちゃんも是非『BAILA』を手にしてみて!上質で素敵だから。端的に言うと私は、深津絵里に憧れ、色っぽフェミニンを目指す、韓国が嫌いそうな見た目をしている女です。ちなみに韓国が嫌いそうとは、美容師のお姉さまから言われました。そのことを父に話すと「確かに嫌いそうだな。」と言われるくらい、韓国が嫌いそうな見た目をしているらしい。明日はサンシャインにオープンするイニスフリーに突撃するのに!こんなに好きなのにねー。つまり差別主義者みたいな見た目ってことか?それなら不本意にも程がある。カラットちゃん、韓国が嫌いそうな見た目ってどんな見た目なのー?教えて!!