カラットちゃん、こんにちは。今日は通院日でした。主治医に調子が良いので減薬を考えていること、ゆくゆくは薬を飲まずに生活したいことを話すと、前向きな回答を貰えたので小躍りなう。前の主治医は一生飲み続けるのが正解だと言ったから絶望したけど、今日思い切って尋ねてみて本当に良かった。通院の間隔も、1ヶ月に1回から約2ヶ月に1回になったし、先生が私の意向を汲んでくれるから大変有難い。

 断薬は厳しいというのが大方の見方だけど、その中でもその方向に舵を切ってくれる先生は必ずいる筈。それが私の主治医だったので、嬉し涙を流しちゃうよ。今日は慇懃無礼な薬剤師に当たり、面食らったけど、いちいち傷付かない。「薬を勝手に止めると症状が悪化するから、勝手に止めないで下さい。先生の指示に従って下さい。」と冷たく言われたけど、まるで私が飲んでないみたいやん?毎日服薬してますけどねー。とっても不愉快でした。

 遂に、いつもの好青年な薬剤師さんをかかりつけ薬剤師に任命しようと決意。慇懃無礼なおばはんのお陰で決心が着いたよ。私が好きなのがバレちゃう!と今まで任命したくても出来なかったけど、この際そんなことは言っていられない。いつも好青年に当たりたいと願いながらも叶わず、嫌な思いをするくらいなら任命しちゃお!好きバレしたって構わない。だって好ましく思っているのは事実だから。

 いつか薬を服用しなくなるのがゴールだから、薬局に通うことも無くなるけど、その間は好青年に側にいて欲しい。ジョンハンと薬剤師さんが、私の救いだから。減薬はあまり考えず、断薬に踏み込もうとしてくれる先生、頼りにしています。少しずつ量を減らして、最終的に0にするのが正しいと思っていたけれど、違うのかな?家族でよく話し合うように言われたけれど、私たちの気持ちは一つ。断薬に向けて、共に歩んでくれる先生を求めていたから。何でも話してみるもんだなー。前の主治医の回答に絶望して、心を閉ざさなくて良かった。今のお薬に変えてくれたのは前の主治医なので、感謝はしていますが。

 知能が落ちたのではないか、という心配からハングル検定の勉強に励んだ話もしました。すると入院中は薬が合わず、多剤処方したせいと、鎮静効果の高い薬を服用したため眠気が強く、頭がボーッとしていただけで、知能に影響はないと言われ一安心。ま、3級にも無事受かったしね。ジョンハンがいてくれるだけで、もう何も要らないよ。多くは望まない。神様お願い、代わり映えしない明日を下さい。