神様お願い、代わり映えしない明日を下さい

 カラットちゃん、おはようございます。久しぶりにブログと向き合うと、思考が整理されるのかスッキリ。コンサート前に髪の毛をさっぱりさせたいと美容院へ行き、伸ばしている旨を伝えたけどやっぱり少し短くなってしまい、落ち込んでいます。量を少なくしたからさっぱりはしたんだけど、やっぱり短くなっとるやんけ!揃える程度に、と伝えても揃える程度は美容師さんによって異なるし、致し方ないのかしら。やはり伸ばしているなら美容院へは頻繁に行かないのが鉄則かな。

 ま、短くはなったけど私のくしゃみを「可愛い♪」と言ってくれたため、リピート確定。私のくしゃみは可愛い。「今のくしゃみですか?」とも言われたので笑いました。くしゃみです、お姉さま。以前通っていた美容院が偉そうに値上げしたため怒り狂って通うのを止めたのですが、担当のお姉ちゃんが寂しがっているのではないか、と思うと心が痛む。お姉ちゃんは「コンサートまでにあと1回会えますね♪」と嬉しそうに言ってくれたけど、その1回はもう永遠に来ないから。あまり先回りはしない方が良い。

 ジョンハン、髪を切って幼き頃の君がカムバックしたようだけど、可愛いね。髪を切ったり伸ばしたり、色を抜いたり染めたり忙しいね。あまりいじると毛根死ぬで?私は生まれてこのかたカラーリングをしたことがないため、ノーカラーの黒髪なのですが、なかなか気に入っています。でも黒髪なので艶が必須。せっせと日々ケアをしています。出来ることはやらないとね。

 コンサートが唯一の希望でしたが、正直萎えつつある。でもね、やっぱりジョンハンを諦めきれないのも事実。セブチに何かあった時ジョンハン一本じゃ死が見えているため、中川大志に心を寄せようとしたりしたけど、やはり何かが足りない。中川大志が悪いんじゃなくて、保険を掛けておこうとする自分自身の浅はかさが憎いの。未来永劫愛したいよ。

 でも残念だけど永遠なんてない。一生の付き合いになると確信した美容師さんとも終わってしまったし、いつかは全て終わりが来る。セブチを好きになってからいつかは終わりが来ることを頭の片隅には入れていたけれど、そのいつかがこんなに早く訪れるとは誰も予知していないし、私自身認めたくない。でも運命なんて知らないけど、この際存在を認めざるを得ないこともあるね。

 終わりの気配が切なく、寂しい。ジョンハン、君の瞳に映る世界が優しさで溢れていますように。澄んだ眼差しで明日を見据えられますように。何だか湿っぽさ全開ですが「ODE TO YOU」をめちゃくちゃ満喫し、やっぱりジョンハンしか見えない…とちゃっかり寝返っている場合もありますのでね。悪しからず~!