花咲くを待つ喜びを

 カラットちゃん、こんにちはー。ブログをせっせと書くことに、喜びを見出だしているよ。もしもカラットちゃんが読んでくれているのならば、大変ありがたい。湿っぽさ100%みたいなブログが多いから、読んでいてイヤにならないかしら?大丈夫?胸焼けしませんか?ってごちゃごちゃ五月蝿いよね。黙ります。

 さて、ニキビにヒーヒー言い始めて、早3ヶ月。顎と鼻の下のニキビを撲滅すべく、メディヒールのティーツリーパックを使ってみたら、なんと新たに2ヶ所の毛穴が詰まったけどね!!多分過剰なスキンケアをしている気がする。治したい一心で手を掛けすぎているんだね、きっと。だからパックもピーリング石鹸も暫くお休みして、アクネス泡洗顔のみを実施する所存。すると全快しました。残すはうっすら残るニキビ跡のみ。27歳を迎えた瞬間から肌が荒れ始めたから、今がお肌の曲がり角なのかな。思春期は大して肌に悩まなかったから、今が正念場ですね。

 ケミカルピーリングも検討したけど、高々ひとつやふたつのニキビで行うようなものでもないようなので、見送ります。綺麗なお肌さえ手に入れば、あとは何も要りません。望みませんから、どうかお願い。ちなみに今はニキビ0だけど、明日になればまたポツリと顔を出すんだろうなー。憂鬱。めちゃくちゃ憂鬱。とにかく今は色素沈着を引き起こすほどのニキビを作らないことを心掛けることと、ニキビ跡を更に薄くすることに心血を注ぎます!肌が自慢だった大学生時代の私よ、あの頃どんなスキンケアをしていたかい?オルビスを無心で使い続けていたことしか思い浮かばないのですが、いつもツルツルだったことは覚えています。わ、若さ?これが若さなのか。つらい、つらすぎる。

 さて、ニキビの話はもう飽きたよね。話題を変えまして、昨日は市ヶ谷から新宿をぶらりして、家族で恒例のカラオケを楽しみました。課題曲で💯を出せば一万円ゲットという企画があったので、父上とせっせと課題曲を歌いまくる庶民一家。一万円の他にも高得点を出したらポテトかアイスが選べたり、ジャンボ焼きそばが当たったり、なかなか楽しい企画でした。その企画で部屋料金77%オフを勝ち取り、安上がり!ちなみに私はレミオロメンの「3月9日」で94点を叩き出したので気分が良い。カラットちゃんも「カラオケの鉄人」へお越しの際は、課題曲チャレンジを是非。なかなか楽しいよん。

 しかしさー、この3ヶ月間、肌のことで一喜一憂して、なかなかハードな時間だったけど、いつも心の中にジョンハンという花が咲いていたから頑張れたよ。それだけ彼は魅力の塊だし、高い表現力を秘めた雄なんですよ。分かりますか、奥さん?私はね、すぐに沈むタイプの人間だから、生きるのが上手ではありません。この27年間、よく生きて来たと我ながら思う。カラットになって、オタクの端くれとして生きることになろうとは思ってもみませんでした。

 でも人生は思いもよらないことの連続だから、止められないのかもしれない。世界の終わりのような気持ちになっても、必ず夜明けは来るし、一輪の花を心の中に秘めておけば、絶望の淵に立たされても生還出来る。そう信じられるようになりました。それもこれも、全てジョンハンのお陰。
 
 この世に希望があるとしても、私に光が差すことはない、と確信したあの時。これから日の当たる場所で生きていくことは出来ないんだ、とぼんやりした頭の中で思っていた長い長い時間。全て昔のことだけど、無かったことには出来ない過去です。私はこの過去を背負ったまま生きていかなければならないし、帳消しには出来ない。

 気が狂った自分を許すことも出来ないし、許せる日は訪れない気がする。でも、いつも味方でいたいと思える人に出会って追っかける日々は、悲しいけど救われる。私にとってSEVENTEENは絶望の中の一筋の光。いつまでも心の中で咲き誇る花なんです。いつも暖かい言葉で包み、悲しかったことなんて全て忘れさせてあげたい、 なんて烏滸がましいとは分かっていながらも、烏滸がましさ全開になってしまう。思い入れが強いから時々フリーズしちゃうけど、愛しき日々よ、消えないで。