いつか結ばれるより、今夜一時間会いたい

 カラットちゃん、こんにちは。今日は所用を済ませ、サンシャインへ。今までコロナウイルスが大して怖くなくて、へらへら外出していましたが、急に不安が襲ってきて薬局をはしご。アルコール消毒は見事売り切れで、家にある分で凌ぐしか無さそう。5月しか楽しみがないから、5月のドームツアーが無事に開催されることを祈るしかないね。開催されても肺炎を発症したら参戦出来ないので、免疫力アップを心掛けています。

 そして皆さんにとっては知るかボケ案件なのですが、ニキビが全快して数日が経過しました!もしや卵肌の再来!?時は来たれり!?と一人浮き足立っています。でも先日も早々とニキビ収束宣言を出したら、顎ニキビが再発したのでなかなか辛かった。最悪、肌さえ綺麗なら何とかなる気がしませんか?あと痩せていたらなおのこと良し。髪の毛の手入れも抜かりなくしていればなおのこと良し。

 愛読雑誌『BAILA』に大人ニキビ特集が組まれていて熟読。やはりシンプルなスキンケアが鍵らしい。ピーリング石鹸を使ったり、ニキビ用パックを施したりと奮闘していましたが、必要ない感じ?念入りにケアするよりも、早く眠れとのことです。朝晩は美容皮膚科の先生推薦の泡洗顔を使い、急速に改善。インターネット、ありがとう、ありがとう。ずぼらだから泡立てるのが面倒で、夜しか泡立てていなかったのも失敗かも。当たり前を当たり前にこなす、簡単なようで難しいね。

 でもさー、極論を言うと、化粧そのものを止めたい。確かにファンデーションを使うと肌が綺麗に見えるし、日焼けも防げる。でも酸化してニキビの元になるくらいなら、いっそのこと下地とポイントメイクだけで良くないか?下地とUVカット機能が付いた皮脂抑制パウダーを纏って終わらせたいのですよ。でもやっぱりファンデーションは外せないかー。クレンジングも肌に良くないのなら、クレンジングをせずとも済む下地だけで乗り切りたい。悩みは尽きず。

 カラットちゃん、肌への執着は悩みを引き起こすね。たったふたつのニキビごときで、ケミカルピーリング受けなきゃ!と騒いだ私を嘲笑って下さい。すぐにお金に物を言わせようとして焦る体質、恥ずかしい。目も当てられない。美肌にストレスは大敵!と分かってはいるものの、なかなか難しいや。ニキビ自体がストレス源なんだもの!

 ニキビが出来やすい人は、弱い洗浄剤で朝晩洗顔が吉とのこと。ピーリング石鹸なんてゴリゴリにハードじゃないか!そんな私にとって、アクネス泡洗顔が救世主。一生頭が上がらないよ。美容皮膚科の先生によると、韓国はニキビ治療に保険が効かないため、市販のニキビケアアイテムが充実しているんだって。だからと言って、それが日本人の肌に合うかはまた別問題だよね。

 私はイニスフリーのモーニングクレンザーをにこにこ使っていたら、ニキビが爆発したので韓国コスメはもう使えず。と言いつつもメディヒールのティーツリーパックを買ったけど、こちらも毛穴詰まりを引き起こされました。どう考えても相性、悪すぎん?めげずに使うけどね!(止めろ)私の肌事情なんてまさしく知るかボケ案件ですが、お付き合い下さりまして、ありがとうございました!