嫌いになりたい、君のことを

カラットちゃん、こんばんは。最近はコロナを警戒し、自宅と南池袋公園とカフェの往復なう。明日は予定を早めて、ブックオフへ買取に出すことにしました。早く部屋をスッキリさせたい。二束三文だろうけどねー。さて、SEVENTEENさんの「舞い落ちる花びら」のミュージックビデオが公開されましたね。何だか痛々しさと切なさが相まって、ホロリ。ドームツアーで聴きたいけど、この状況下ではどうなることやら。5月に向けて髪の毛は艶々、体型キープ、美肌、と課題をこなす日々ですが、果たして報われるのか。勘違いブスを黙らせるには、こちらが最上級の美で応戦しなければなりません。今日もタリーズにて恐ろしいくらいの勘違いブスちゃんが息巻いていたので、黙らせなければ。鼻をへし折らなければ、という謎の使命感に燃えてしまいました。ジョンハンに心を寄せようとすると、どこからともなく菅田将暉が出てくる。ここへ来て菅田将暉が急浮上。WOWOWのライブを観て、すっかりハマってしまいました。沼?これが沼ってやつか?SEVENTEENさん!とはしゃいだり、菅田将暉…と切なくなったり、我ながら忙しい。菅田将暉がこんなに良いなんて。こんなに魅力的だなんて。ジョンハンさん、しっかり捕まえていてね。ジョンハンさん、浮気性な女がふらふらしているから、しっかり捕まえていてね。
私は自慢じゃないけど、カフェもミュージアムも行きません。(何の自慢やねん)それはやはり、金の切れ目が縁の切れ目であることをうっすらと感じてしまうからなのかもしれない。ミュージアムは日時指定された瞬間から「行けない…」と落ち込みました。なぜなら、予定を決められるのが嫌で堪らないから。フラッと好きな時に行きたいから。今までのスタンスはもう通用しないのかな。少し寂しい。もっと無邪気に楽しみたい。でもポリシーのある追っかけなので、自分のポリシーは曲げられないのだ。SEVENTEENさんが怒濤の商売を繰り広げようとも、笑ってやり過ごせば良いだけさ。商魂逞し~!と毎回驚きながらも、コンサートで時間が交わる瞬間に命を懸ける。これまでも、これからも。そして、これからも沢山ペンサを貰うぜ。私はペンサを貰うことに命を捧げている節が若干ある。忘れられない5月になることを夢見ながら、心の片隅では諦めている部分もあるよ。だって見通しが立たないもの。ああ、早く嫌いになりたい、君のことを。