新しいキスを下さい

 カラットちゃん、こんにちは。昨日は悲しいお知らせを受け取り、涙に濡れちまいましたよ!ま、これで良かったんだと思います。号泣したけど。演者やカラットちゃん、そしてスタッフのことを考えたら、この決断しかありませんな。号泣したけど。いかに自分がこの5月を生き甲斐にしていたのか、という現実を突き付けられました。

 女性としてのモチベーションが彼によって支えられている。彼によってのみしか救われないし、満たされないことを悟りました。罪な男よ。生きていればまた会えるし、また笑い合えるよね。だからお互い達者でいようね。ドームツアーという夢は、一旦お預け。また会う日まで健やかでいられるように、いや、いてくれなきゃ困るよー。

 会えない時間が愛を育てるし、困難を前にして愛は燃え上がるのですよ。誰一人として欠けることなく、輝きを放つSEVENTEENを魅せてね。悲しいけれど、今生の別れではない。だからまた会おうね。スローガンもまた受け付けて下さい!私の考えたスローガンを持ったカラットちゃんたちに笑顔で応えるSEVENTEEN、想像しただけで泣けちゃう。もうすっかり選ばれた気でいるのも図々しいですな。またスローガン考えようっと。楽しみー!

 ドームツアーでキラキラと木漏れ日のような笑顔を咲かせるSEVENTEEN、それを見つめ、思わず顔が綻ぶカラット。その瞬間は何物にも代えがたい。SEVENTEENさんは、本当に愛しそうに私たちを見つめてくれるんです!「幸せばかりで美しい。」というような優しい眼差しを向けてくれるんだよ。

 私は異性からそんな目で見られたことがない。残念だけど。でもSEVENTEENさんが愛のシャワーを注いでくれることにより、女性としての幸せを噛み締めています。ドームツアーのグッズの収益に少しでも貢献したい。何ならフォトスペースのアクリルスティックももっと買う。だから悲しまないでおくれ。大損した分、出来る範囲でがっぽり稼ぎなさい。日本円をがっぽり稼いで帰りなさい。なかなか難しいだろうけど、出来る範囲で手伝うね。

 本当は心の底から会いたかった。沢山笑って、沢山泣いて、目まぐるしく感情が変わる中で、心を重ねる瞬間。それがコンサートだよね。いつもステキな思い出をありがとう。そして、常に試行錯誤をして、より良いものを届けようとしてくれるひたむきさ。もう十分だよ、と言っても君たちは満足しないだろうね。し烈な競争、若手の台頭、そして兵役。時間は続くようで、彼らの中では限られたものなのかもしれない。

 今この瞬間に輝きを放つことを、強いられているのかもしれない。一瞬のきらめきに全てを注いでいるようにも見えるよ。だからこそ、大きな歓声を聞かせてあげたかった。自分たちの生き甲斐を、彼らはそこに見出だしているかもしれないから。だからこそ、彼らの今までの血、汗、涙が報われるような暖かい眼差しを注ぎたかった。でも一旦お預け。またいつか会えるよね。

 この状況下でも、君たちだけが私の救いであり、誓いであり、一筋の光だよ。だから彼らも救われて欲しい。報われて欲しい。カラットちゃんだけでなく、数多くのアーティストが公演を中止し、その影でファンが泣いています。いかに音楽に支えられ、励まされ、彼らの人柄に救われてきたのかを実感。

 それは勿論、私を含むカラットに限ったことではありません。皆、それぞれお慕いしている人を思い、ひっそりと泣いているのかもしれない。いつか、こんなこともあったね、と皆が振り返られるような、穏やかに昔を懐かしむことが出来るような未来を夢見ています。