こんなに惚れていることは、もう少し秘密にしておくよ

 JRパイセン、笑うと目尻にくしゃっと皺が刻まれるんだね。春馬くんによく似ている。もう止めよう。似ているだなんだって勝手に面影を重ねられて、パイセンも堪ったもんじゃないでしょう。ごめんね。「ヨボセヨ」のMVの濃厚接触で怒り狂ってしまうほど、実は君に惚れているんだよ。こんなに惚れていることは、もう少し秘密にしておくよ。

 春馬くん、春馬くんってさ、もういないんですよ。でもね、「実際の話、どんな物語でも、本当のところそれが悲劇なのか喜劇なのかは、あなたにも僕にも、誰にも永遠にわからないことだから。」と小説『アーモンド』でも言っています。私はこの言葉に救われました。悲しんで、悲しみ抜いて、時間を掛けてでも立ち直ってみせる。

 春馬くんの目尻に刻まれる皺がとても好きだったこと。JRパイセンも同じように、笑うと目尻に皺が刻まれること。ただそれだけのことなのに、堪らなく愛しくて、寂しくてどうしようもない。そんな時は映画「パッチギ!」でオダギリジョーが歌う「悲しくてやりきれない」をYouTubeで聴くの。オダギリジョーの歌声が胸に刺さる。本当に悲しくてやりきれない人が歌っているように聴こえるから。

 ごちゃごちゃ理由をつけて、パイセンにすがっているけど、一体誰に弁明しているのだ。ジョンハンか?ジョンハン、押し付けがましさ全開のファンレターを書いてごめんね。燃やして下さい。知らぬ間にふわふわパーマになり、ぬいぐるみみたいになったね、君は。もしやぬいぐるみだったのかもしれない。今は可愛さ全開だけど、コンサートになると男性らしさが滲み出るんだよね、知ってる。

 声が通るのか、鼻声だから悪い意味で目立つのか、はたまた周りで声を張るカラットちゃんがいないからか、結構な確率でペンサ?ファンサ?を貰っているという自負がある私。でも、ジョンハンは一度も振り向いてはくれなかったね。そこがまた良し。近づくほどに遠くなるみたいなところがまた良し。

 どんどん日本のお茶の間に進出し、名声を得て行くんだろう、と考えると途端に寂しくなっちゃったけど、母上いわく「それが彼らの願いなんだから。」とのこと。ビルボード行くんか?あんたら、ビルボード行くんか?レディガガとコラボするんか?と考えていたら、遠い目をしてしまいました。喜んで送り出してあげなくちゃ。喜んでカツアゲされなくちゃ。次第に「○○しなくちゃ。」という思考になっている自分に気付きました。

 そうなったらもう潮時だ。悲しいけれど、少し距離を置こう、とパイセンにのめり込んでいたら、本気で好きになっちゃった!パイセンの目尻に刻まれる皺を見た時、泣けて仕方がなかった。ひりひりするようなラップ、聴いていて胸が苦しくなるようなラップは、私に悲しみを教えてくれました。痛みを知っているようなパイセンのラップにとても救われました。

 ジョンハンから距離を置いたことで得たものは、果たして何だったのか。実は何も手にすることが出来なかったのではないか。でもこのラップだけが私の親友なのかもしれません。胸が張り裂けそうな時、ほぼいつもですが、そんな時はパイセンのラップを聴く。
 
 痛いほどのそのラップは、私に生きていることを教えてくれます。人生の底を見た気がした時、ジョンハンが私に優しく教えてくれたように。いつも側にいてくれたように。ジョンハン、どんなに遠く離れても、諦められる筈はない。