誰よりも幸せであってほしい

 パイセンが誰よりも幸せでありますように。ジョンハンがいつも自分を信じられますように。それしか望まないのに、それが一番難しいね。それしか望んでいないのに。パイセンのラップを聴いていると、胸が張り裂けそうになる。私の母性を全部あげたくなる。

 ジョンハンは誰よりも愛を欲しているように見える。こちらがいくら大丈夫だよ、何にも心配いらないよと伝えても、きっと信じてはくれないだろう。そのどこか届かないもどかしさ、空しさは、より愛しさに変わるよ。悲しかったことなんて全て忘れてさ、お互いだけを澄んだ眼差しで見つめられたら、それだけでいい。

 パイセンのコンサートDVDを繰り返し観ていると、パイセンのラップは悲しみを表しているように聴こえる。きっと、私には計り知れない大きな悲しみを抱えているように見える。考えすぎかな?すぐに悲しい方向に持っていくのは悪い癖だね。リーダーにしか分からない重圧や不安があるよね、きっと。私には到底分からないけれど、想像することは出来る。

 その瞳が少し翳っているように見える時がある。翳りのある瞳はとても魅力的だけど、それと同時に、堪らなく心配になる。ジョンハンの瞳にも光が感じられない時がある。芸能界という決して綺麗ではない世界で、いつもキラキラした瞳でいてくれ、というのも望みすぎだと思うけど。

 テレビ局のドンを親戚に持つ私としては、芸能界が決して優しくない世界であるということを曲がりなりに分かっているつもり。だからこそ、精一杯歌って踊るその姿に泣けてきちゃうのかもしれない。「やりたくてやってるんだから」と言われればそれまでかもしれない。それが仕事だから、と。

 私もそれが仕事だから全うすべし、とは思う。でも、こんな悲しい仕事がありますか。世界中を周り、スポットライトと歓声を浴びて、また次の地へと降り立つ。その繰り返しで神経がすり減ることは、想像に難くない。歓声だけを浴びられるわけでもなく、時には言葉の刃を向けられることもある。本当は心ある人がいるべき世界ではないんだよ。

 こんなに楽しませてもらっているのに、彼らの瞳の輝きに目が行く。いちいち悲しくなって、身を案じてもどうにもならないことくらい分かっています。きっと彼らは「ここしかない」と思って生きているのかもしれないけれど、そんなことはないよ。ここではないどこかで必ず生きられるよ。苦しいくらいのそのラップを奏でながら、君は何を思うの?

 ファンとの固い絆。もっと格好良くなって戻ってくると誓うその心は、いつまで前を向き続けられるのでしょうか。もう十分素敵だよ、そう言っても君は満足しないでしょう。芸能界に夢ばかり見て、勝手に傷ついて、ボロボロになっても、夢見ることを止められない。

 30過ぎたおっさんが17歳と飲酒する世界ですよ。飲酒した上、お持ち帰りする世界ですよ。残念ながらバカしかいません。そんなバカはへらへら生き残れるでしょう。でも間違って芸能界に入ってしまったお利口さんは?「ここしかない」ということは絶対にない。世界は君が思うより広く、そして深いのだ。