悲しい気持ち

はい~。(自衛隊芸人やす子)お馴染みのやす子で登場しました。おはようございます♪なぜかこんな時間に目が覚めたので、ブログをちょちょいっと書いてみます。ちょちょいのちょいやで!韓国語の勉強が煮詰まる中、なぜ私はいつも、こんなにも辛くなりながら勉強しているのだろうか、と立ち止まって考える時間が増えました。

大学生の時、第二外国語朝鮮語を選択してからはや幾年。万年中級学習者という現状にも悲しい気持ちよ。周りと比べて、いつも自分が周回遅れの気がしてしまいます。昨夜もハン検準2級の練習問題を解くも「今まで何して来たん!?」というレベルで歯が立ちませんでした。本当に今まで何して来たのだ。

両親に嘆くと、「試験は11月だろう?」と笑って済まされてしまうなり。私だけが勝手に追い込まれ、自らを蔑み、自暴自棄になりかけちゃう♪ま、確かに試験は11月なんです。まだボロボロでも大丈夫、100人乗っても大丈夫。(イナバ物置)大丈夫、大学生の時もクラスで落ちこぼれだった私が、ハン検準2級に挑戦できていることを喜びましょう!

「ギリギリでも試験に受かればいい。」というハムテルのポリシーが大好き。ハムテルしか勝たん。「ジョンハンかハムテル。」なんて大真面目な顔をして言ってしまうところが、私の怖いところよ。ツイッターなんか見ていると、ナチュラルに自慢する語学アカウントを発見!息するように自慢を繰り広げているそこのあなた!試験は水物ですぜ?

インターネットは言ったもん勝ちの世界だし、あのスタンスでクラスにいたら総すかんでしょう。おい、おばはん、クラスにいなくて良かったな。命拾いしてるぜ?ナチュラルに上から目線だし、何様やねんと思いながらも覗いてしまい、「五寸釘くださあい!!」と丑三つ時に駆け出してしまいそうになるほどです。

だったら見なきゃいいのに!でも見る。見て「フーン…」となり、少し落ち込むバカ。「五寸釘くださあい!!」というフレーズが我ながら気に入りました。「どなたか!どなたか五寸釘を!!」というフレーズも追加しちゃう。しかしまあ、人を呪わば穴二つ、という言葉も胸に刻まなくちゃね。

ナチュラル自慢かつ上から目線おばさんは視界から消し、私も自分の勉強に励もう。上から目線おばさんは、確かによく勉強しています。それは立派だと思います。しかし謎の自己顕示欲丸出しのプロフィールと、謎の上から目線のツイートにクラクラしちゃう。

私の一行紹介「ポリシーのある追っかけ」とは真逆を行く彼女のポリシーに「色んな人がいるなあ。」と思いながらも、五寸釘を探してしまいます。てへ。五寸釘探しすぎやん?

私がこんなにも五寸釘を求めることは滅多にない。気を付けなはれや!気を付けなはれや!と言えば、斜め前髪ボーイですね。寂しいよ。斜め前髪しか勝たん。密かにラブを注入するのではなく、思い切りアタックすれば良かったか。

小学生の斜め前髪ボーイもさぞや可愛かったんだろうな。幼稚園の斜め前髪ボーイも、赤ちゃん斜め前髪ボーイも…まだこの世に生まれていない頃から可愛かったんだろう。え?愛?

パワーオブラブ!